WDF Vol.30に飛び込んでみたよ!なメモ。(その1)

WDFは、「Web Directors Forum」。
石川県でWeb系勉強会を主催する団体です。
http://wdf.jp/

私? 私、コピー屋さん! こっちは相棒のコニカミノルタのPOD機!(((o(*゚▽゚*)o)))
畑違いもいいところですが、あまりのゴージャスな内容に我慢できず思い切って飛び込んでみました。

※あくまで自分が感じたことを書きます。
 「記録」ではないのでご承知おきください。

セッション1:
未来のWebと必要な技術をWebのトレンドニュースから考察
阿部 正幸氏


スマホがめっちゃ普及してモバイルファーストだのなんだの言われています…がそういう単語に踊らされちゃいけないと感じたデータ。
「近年のスマホとPCの普及率はほぼ横ばい。」=スマホも頭打ち。

そりゃそうかー…感覚的にも、若年層はほぼ全員スマホを持ってるし、企業で「ウチ、PCやめてスマホにしたよ」なんて話も聞いたことがない。
つまり、ケースで使い分けてるだけ。
データを読むって大事だなぁ。

で、そういう時代に登場したのがスマートスピーカー。
おうちで天気予報を教えてくれるやつ。(違)
これが、将来めちゃくちゃ普及すると考えられてるらしい。

私が考えているスマートスピーカーの優れているところは「ながらができること」
今も、食事をしながらニュースを聞く、アイロンをかけながら本を読み上げてもらう…てな感じで日々の生活に溶け込んでいる。

同じことを他のデバイスでやろうとすると、スマホやPCは視覚の注意を奪われてしまう分、『ながら』はちょっと難しかったり危険を伴ったりする。
ついこの間も上司が歩きスマホで転倒したし。

スマートスピーカーは、利用者にそういう負担やリスクを生じさせることなく使用することができる。あら便利!o(*゚▽゚*)o

一方、『比較・検討する』ことに対してはどうだろう?
私たちは日々比較しまくっている。
どの歯磨きが歯を白くするか…から、効果的なダイエット方法、ハウスメーカーのトラブルまで。
これらは数値化されておらず、結局はそれぞれの感性で評価している。
レビューがめっちゃ高くても、うさんくさい本ってあるやん?
…そういうのを見抜く力が私たちには備わっている。

そういう力をスマートスピーカーが持つ日はくるのだろうか?
判断まで任せられる日がくるのだろうか?
ちょっと楽しみなような不安なような…微妙な気持ち。

今のところ、スマートスピーカーが対応しやすいのは「流れていくもの」かもしれない。
ニュース・本・音楽・その瞬間必要なもの、記憶から消失していいもの。
その場で解決して忘れていくもの。
とりあえず、こういうものからどんどん活用していきたいな…私も将来使いこなせるように「耳」も鍛えていかないとね。

その他参考になったこと。
・会社サイトのSSL対応…この夏、真剣に考える。(やばい)
・サイトの表示速度測ってみる。(やばい)
・モバイル用ページがないと、Googleの検索順位が下がるから対応。(やばい)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

hiyo32

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。