MacBook Pro向けのUSB-Cハブ HyperDrive

HyperDrive は Kickstarter にてファンディング後、プレオーダーを Indiegogo の InDemand 機能(後述)で受注、その後も精力的に関連製品の開発を行い、展開しているUSB周りの機器のブランドである。当初のプロジェクトは USB-C 前提となった新しい MacBook Pro に最適化した形で HDMI, USB-A * 2, SD カード, Micro SD カードを差し込むことが出来るようになったものであった。

ファンディング当時、該当の MacBook Pro を使っており、個人的に探していたものではあったものの、普段使いの道具に対してこの類の電源や伝送に関わるような周辺機器については慎重派で、正規品以外は Anker 製品のみを購入する方針を持っていた。そのため、視界に入ったものの Kickstarter でファンディングをしているうちは眺めるに留まっていた。

この続きをみるには

この続き:3,051文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
インディーゴーゴー(155)円の記事をそれぞれ買うよりは得するようになる予定です。記事数に合わせて販売価格を順次上げる予定のため早いうちに買うのが一番お得ということになります。 だいたいの有料部分にはクラウドファンディング業界やサービスにまつわることに触れる小話が含まれています。

クラウドファンディングで手に入るプロダクトが好きで、気づけばクラウドファンディングサービスを運営するIndiegogoで働いている筆者...

または、記事単体で購入する

MacBook Pro向けのUSB-Cハブ HyperDrive

hmsk

155円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

任意のお金を払うことで筆者に圧をかけることが可能です。

🙏🏻
6

hmsk

クラウドファンディング太郎

クラウドファンディングで手に入るプロダクトが好きで、気づけばクラウドファンディングサービスを運営するIndiegogoで働いている筆者がクラウドファンディングで手に入れたものや、業界やサービス自体にまつわることを書き残した有料な記事を全部読めるようになるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。