NZの保育士が本当に使う英語①ちょっと見てて!~Look after~

ニュージーランドで保育士をしている直樹です。今日から、ニュージーランドの保育園で毎日のように先生たちが使っている英語表現を紹介したいと思います!

僕は、英語は好きですが得意ではありません。話し方も、がんばって意識しているけど、ネイティブのようにかっこよく話せないし日本語英語の発音です。(;^_^A

では、どうやって僕は仕事をしているのか?!

その答えは、「保育の現場でよく使う英語表現を集中して覚えて使っている」です。

それでは、表現を見ていきます。

英語の文法の解説ではありませんので、説明は見逃してくださいね~!英語の例文はネイティブの先生にチェックしてもらっています^^

Look after 

自分・人・物の面倒を見る、といった意味のフレイジャルバーブ(動詞+αで動詞と同じ働きをするフレーズのこと。句動詞。)

保育園で主に使うのは以下の4つです。

①ちょっと見ておいて
②〇〇を大切にして
③面倒を見る、世話をする
④お大事に

一つずつ説明していきます。

①ちょっと見ておいて

砂場で遊んでいるときに、子どもが長靴(NZではgumbootsといいます)を脱いで一言

子ども:Naoki, can you look after my gumboot please?
(直樹先生、ちょっと私の長靴みといて)

先生:No, you should put them into your shoe box.
(だめだよ。自分で靴箱に入れてね)

また、園庭で自転車に乗っていた子が、トイレに行きたくなった時。

子ども:Naoki, Can you look after my bike please?
(直樹先生、自転車をみてて。戻ってくるまでキープしといて)

先生:OK I'll look after it.
(わかったよ!)


②大切に使う

新しいおもちゃを買ったときや、おもちゃや本を雑に扱っている子に注意するときに使います。

先生:Can you look after the toy please?
(このおもちゃ、大事にしてね)

子ども:Ok, I'll.
(わかった。)


③面倒をみる、世話をする

これは、take care of の用法とほぼ同じです。
子どもがままごとのお世話ごっこをしている時など

先生: What are you doing?
(何してるの?)

子ども:I am looking after the baby doll! 
(赤ちゃん人形のお世話をしてるの)

また、クラスに新しい子が来て、みんなに紹介するとき

先生:We look after our new friends,don't we?
(みんな、新しいお友達と仲良くしましょうね。)

子ども:Yes、we will!

(もちろん!)


④お大事に

子どもをお迎えに来た親御さんの調子が悪そうな時に一言 

先生:Please look after yourself.
(お大事に)

※カジュアルな言い方だと"Look after"だけです。Take careと同じ使い方ですね!

いかがでしたか?

以上、保育の現場で良く使う英語、Look afterの紹介でした !

こちらのブログでもニュージーランドの保育現場、生活などの情報を発信中です。https://ameblo.jp/hoikushi-nz/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

谷島直樹

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。