見出し画像

ホログラムはメガネデバイスと組み合わせて完璧になる

かなり前からSF映画、アニメなどで、ホログラムという概念は存在した。

しかし、人間の目、そのままではホログラム体験には届かなかった。

それが今、メガネデバイス、AR技術で実現された。

もちろん欠陥部分を探そうと思えばキリがないだろう。発音、リアルタイム、デバイス着用の面倒さ、、、色々あるが、昔から人類が夢見ていたことが現実になったことを素直に喜びたい。

僕らが見ているのはデモの映像だと思われる。今のホログラム技術では、実際にどんなところで活用ができるのかは定かではない。しかし、ホログラムでの会議や、スポーツ教室、メンテナンス作業など、コミュニケーション分野での活躍が期待されることはまず間違いないだろう。

AR技術で、これまでの体験がひとつ上のステージに移行していく。こんなに興奮する世界が、ほかにあるだろうか。

ほくぴー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、今後のための勉強のために使わせていただきます!!!よかったサポートよろしくお願いします!

実現して欲しい!と思ったらシェアもお願いします!
3

ほくぴー(Hokuto)

KAKUCHO Inc. COO。ARインテリアECアプリ「FURNI」の開発・運用をやってます。AR面白い。福岡でホワイト企業、ブラック企業の営業をどっちも経験して動画のインフルエンサーになり、笑うメディアクレイジーでCVOを経て、ARの会社のCOOになりました。

ARを言語化する

ARに関するアイデア、情報を、実用的でわかりやすく書きます。技術的なことはあんまり書かないかも。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。