アウトプットの質を高める方法

ご無沙汰しています、大堀です。
今年も大学での授業を終えてひと段落。

準備は大変ですが、教えるために自分の理解を深められるのは良い機会です。この記事の内容も授業スライドを考える中で、漠然としていた概念が鮮明になったので書いてみました。

文章でもデザインでもあらゆる創作物に共通する考え方だと思います。
====

みる力とつくる力


まずは前提となる「みる力」と「つくる力」について説明します。

みる力
質の高さを判断できる能力。その分野における知識と見てきた質・量で決まる。

つくる力
質の高いアウトプットを生み出せる能力。
良いアウトプットをトレースし、それを活かすことで上達する。

そして個人の能力において、この2つの関係性は

みる力  ≧  つくる力

が常に成り立ちます。つくる力が上になることはまずありません。
(便宜上言い切ります)

そしてこの「みる力」については1つの弱点があります。

「みる力は自分で作ったものには甘くなる」

何かを生み出す経験があれば
「自信作だったが評価されない」
「以前作ったものを改めて見ると恥ずかしい」
といった経験があるはずです。

無意識のうちに自分好みにつくっている
ずっと見ていて客観的になれない

などが原因と考えられます。

====

この弱点をどう克服できるか試行錯誤し、以下3つの方法を実践しているので紹介します。

1.時間をあける

最低でも一晩は寝かせましょう。良い例が「夜中に書いたラブレターは出すな」です。
頭をリセットし、先入観を頭の外に出す(忘れる)ためでもあります。特に睡眠が忘却には有効です。

2.視点を変える

パソコンで作っていれば、印刷してみる。
正面にあったものを見るのと上から俯瞰して見るのでは頭の働きが変わるそうです。経験上、文章などは本当にたくさんの粗が見つかります。

3.他人の意見を聞く

自分以上の「みる力」を持っている人が望ましく、より良い意見が聞けるはずです。先入観のない人の意見には多くの気づき得られます。

1と2はそもそも自分の「みる力」がなければすぐに頭打ちです。自分はデザイナーですが、業務では3の「他人の意見を聞く」を率先して行います。
逆に意見を求められることも多いのですが、意見の伝え方には少しコツがいります。

前提を確認する
主観的な意見を伝える
客観的な意見を伝える

この主観的客観的というのを図解してみます。
まずはアウトプットに慣れない人です。オレンジの四角形がアウトプットにあたります。

自分の主観のみで評価し、他人が見たらどう受け取るかまでは想像できていません。夜中に書いたラブレターはこういう状態です。

ある程度経験を積むとこういう状態になります。

自分以外の人間がそれを見たらどう思うか、という客観的な視点を持つ人は評価されやすいアウトプットを生み出します。仮に客観視の主をペルソナと呼んでおきます。

そして同様にアドバイスがうまい人は、「私はこう感じる」という主観的意見と「ペルソナだったらこう感じるのではないか」というペルソナの立場に立った客観的意見を使い分けます。

ここで懸念すべきポイントは2人の考えるペルソナ像に乖離があると、せっかくのフィードバックが的外れになる点です。
事前に目的やターゲットをきちんと共有し、ペルソナを定義しておきましょう。

開発中の商品を実際のユーザーに使ってもらうマーケティング手段もありますが、これは想像上のペルソナではなく、実際のターゲットからフィードバックを得ようというやり方ですね。

これならば客観視という特別な技術はいりませんが、出てきた意見をどう反映させるかには技術と経験が必要です。

まとめ

アウトプットの質を高める方法を3つ紹介しました。

1.時間をあける
2.視点を変える 
3.他人の意見を聞く

他人の意見にも主観的な意見と客観的な意見の2種類があります。
そしてすべての意見を鵜呑みにはせず、自分でアウトプットの責任を持ちましょう。

責任を持って良いと判断し、練りに練ってアウトプットする。
・ブログであれば公開すること
・デザインであればリリースすること
・料理であれば食べてもらうこと
これが「つくる力」を育てるベストな方法です。


それでは

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、また書きます!
76

大堀祐一

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
9つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。