テーブルフォト初心者のための3つの基本

こんにちは。
スマホで写真が売れちゃうアプリSnapmartで、企業のSNS発信の支援をする営業をしながら、パラレルキャリアでホームパーティープランナーをしているAYUMIです。


私は普段、ホームパーティーやおうち時間の過ごし方を提案する写真を撮ってInstagramで発信しています。Snapmartでは、まだまだ出品が少ないファッションやコスメなどをテーマにしたテーブルフォトを出品してます。
最近撮影したやつ↓

まだまだ写真は勉強中な私ですが、そんな私だからこそ、これからテーブルフォトを頑張りたい!っと思う人に向けて、

「テーブルフォト初心者のための3つの基本」を本日は書いてみます。

写真を既にされてるからからしたら、そこからかよ!って話だと思いますが、もしこれもおさえるべき!ってものがあったら、教えてください。
まだまだ私もテーブルフォトが上手くなりたいです。


1. 絶対自然光で撮影する!!

これ、写真を始めたばかりの頃知りませんでした。
「自然光」って外で撮影する事かと思って、家の中でしか撮影しない私には無関係だと思っていました。

「自然光で撮影する」とは、電気を消して撮影するって事!

でも写真は明るい方がいいじゃないですか。日光がめちゃくちゃ部屋の中に入ってる時はそりゃ電気はつけてませんでしたが、曇りの日や雨の日とか、部屋が暗いなって思う時は、電気つけて撮影してしまってました。

これNG!
ちょっと暗くても消しましょう!
ついでに、TVやパソコンや隣の部屋の光も消しましょう!
余計な光はカメラのセンサーを邪魔するそうです!
ちょっとくらい暗くても電気を消して、カメラの設定で明るくして、それでもダメなら後から加工すればいいんです。
 
一部の美容系インスタグラマーさんの写真が思いっきり夜、電気の下で撮影したものが多くて非常に気になります。朝撮影しよう!私も出勤前に撮影してます。


2. 下地、背景が大事!
上の写真。グレーのコンクリートみたいなテーブルかと思いますが、壁紙です。

↑こちらも白い木目調のテーブルかと思いますが、壁紙です。


↑我が家の洗面所のタイルはこんな感じかと思うと思いますが、リビングに、タイルの壁紙貼ってグレーの壁紙しいて撮影してます。(これはよれちゃったので失敗。こういう線が入った壁紙は、水平垂直を整えるのも大変なので初心者向きではないと悟りました。)

テーブルフォトは面積が大きい背景下地が印象をきめます。

普通の値段のダイニングテーブルで撮影すると、それだけで安っぽく写ります。特に薄い黄色味が強いツルツルした木のテーブルは最悪です。
なので写真が好きな友人達は、ダイニングテーブルを買う時に木の質をめちゃくちゃ気にして、そこには値段をかけるって人が多いです。

また布もいいのですが、布はしわが目立つと生活感が出すぎるので、毎回アイロンをかけなければならず面倒です。
 

なので壁紙を買いましょう!くるくるポスターのようにまとめて置いて収納ができます。1m買えば十分なので、1m360円〜購入できます。


今は色んなインスタシート的なものが販売されているようですが、安いものは紙の面積が小さいので撮りにくいのと、木目調デザインとかにどうしても安さが出ているので、私はいつも壁紙本舗さんで1mで買っています。
インスタグラマーさん達もよく買ってるみたい。

「のりなし」で買うのに注意して!
「のりあり」で買っちゃうと、ぶよぶよしてて悲惨です。(間違って購入経験あり)

最初に買うなら、
「グレー」「白の漆喰っぽいもの」「木目調」
がオススメです!ピンクとかグリーンとかも買った事あるけど、正直あんまり出番ないです。


3. 不自然に注意!
 
上の写真のチョコレート。
構図的には上手くできたと思ったけれど、テーブルフォトの先生に
「食べ物をテーブルに直置きするのは見ている人が不快になる可能性もあるのでやめましょう」と言われました...!

いくら写真で可愛いからって、本来の使い方を無視すると不自然さや不快さを与えることになりますもんね。

日本人だと、多少写真の構図の為にずらすとしてもご飯は左側に置いた方がいい。
1本の薔薇をいきなり関係のない写真の真ん中に写り込ませたりしがちですが、これも気をつけた方が良い。(根元を見切れる形で入れたり、1本ではなく複数本にして花束のようにして置いたりするのが良い)
などなど。
ついつい、テーブルフォトは構図や小物を考えだすと、「不自然」になってしまいそうになるのをグッと堪えるのが必要です。

以上「テーブルフォト初心者のための3つの基本」でした。

また写真が上手くなる為には、良い写真をたくさん見て最初は真似をしてレベルアップするしかありません。私がテーブルフォトを勉強するのに使っているのは、InstagramとPinterest。

美容系のテーブルフォトなら WELEDAさん

コーヒーやおうちカフェシーンならMajid Saadさん

あとはPinterestで「Flatlay」(置き画)って調べると、好みのテイストのテーブルフォトがたくさん出てきます。

 
他にもここ気をつけよう!ってのがあったら、皆さん教えてくださいね!
Twitterでは、写真とパラレルキャリアとSNSに関して呟いてます。

 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金を貯めて、やりたい事は「30代既婚女子のSNS消費」の座談会を行う事。若者のSNSの使い方よりも、お金がある程度使える人たちのもレポートしてみたいと思っています。

励みになります!ありがとうございます!
30

Ayumi

SNS

SNSを仕事でもプライベートでも見まくって感じた事を書くnote
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。