ドアーズどしゃぶり雨_歩道

心の飛び火は あの人の部屋までの月明かりである。

考えることをやめたら
そこで終わりになってしまう
当たり前の事だが本当の話

1年もう1年 そして もう1年
ずっと つづく 続いてくハテナの長旅

お腹が空くと 何か食べなきゃと思う

ずっと満たされてたい とかは思わないけど さすがに何か腹に入れねば と
適当に 腹を満たして さぁ次へ と。

何でも良いのです満たされれば
インスタント麺でもパンでも何でも

だらだら食べれないからパパッと

ただ食べてもらおうと誰かに差し出そうと思った時 結構 料理をしっかりと作ってしまう わりと手が抜けない

美味しい と言われたい
一癖手応えが欲しい
と言う事で考える考える

「食べる」と言う事は日々 毎日の事だから 毎日「料理」について考える

食えりゃ良いって言うことではなく
ちゃんと「作る」って言う美学がある

同じ事で
「生み出す」「作り出す」と言う行為は毎日考え続けないといけない。
じゃないと良いものと言うか、新しいものは出来ないと思う。

大体の人が同じように一生懸命考えている 当たり前の事
だから考えると言う行為は日々当たり前の事で考え続けないといけない。

そこから何を思えるか見えるか

それが課題ではあるが楽しい事である。

楽しいなら楽しさを悲しいなら悲しみを鳴らせよ

それがブルーズだろ?って昔のブルーズマンは言っていた。


物事の本質は感情の理念である。


「芸術」ってものがマニュアル化した時、全部死ぬと思う。

輝きも絶望も希望も

なので 今ある気持ちを そっと 差し出して

耀いているものでありたい

どす黒くても 真っ白でも

古いブルーズから そんな事を 学んだって事は良い事である。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お仕事依頼お待ちしてますblueees。 頂いたお金で、お酒と想像力を向上させていただきます。励みになります 有難う御座います。

2

PPN

人にはそれぞれ事情がある

サカナクラブ

誰が死んでも悲しまない 始まる事に意味あり
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。