暑い日にオススメしたい、「凍らせタオル」。(バズりました)

2019年5月末に季節外れの熱波が到来。我が家でもその日は運動会の予定でした。

誰か一人でもひんやり気持ちよくお過ごしいただけたらと、主婦であるわたくしがここ数年間やっていた熱中症対策「凍らせタオル」をイラストにしてツイートしました。

今日はそのご紹介をしたいと思います。


ご家庭にあるものだけで作ることができる、最強冷却アイテム「凍らせタオル」

《準備するもの》

ハンドタオル/ビニール袋/水道水/冷蔵庫

以上です。

《作り方》

ハンドタオルを水で濡らして固く絞り、袋に詰めて凍らせます。

以上です。

めちゃくちゃ簡単ですよね笑。


簡単なのに侮れない、「凍らせタオル」。

しかしこの「凍らせタオル」、侮るなかれ。めちゃくちゃ簡単なのに、すっごく体を冷やしてくれるんです。ものすごくいい仕事をします。

運動会ではお弁当の保冷剤として保冷バッグに入れて持っていき、一本づつ凍ったタオルを子どもに渡します。

首や脇のリンパ頭頂部を冷やして熱中症を防ぎ、溶けたら砂埃だらけの体を拭くとスッキリ!汗がべたつくだけで体感温度が上がりますものね。

暑い日には「保冷剤」をお使いのご家庭も多いかと思いますが、保冷剤は体にフィットしないから、痛かったり、リンパをうまく冷やせなかったり、体を拭くことはできなかったり。でも「凍らせタオル」はタオルですから、帽子の中に入れても体にフィットします。

保冷バッグの中に入れておけば、暑い中でも相当な時間持ちます。

実は例の運動会の日、うちの子どもはこれで体調を取り戻しました。


毎日の生活のあらゆる場面に。

もちろん運動会対策だけではありません。

●普段の通勤通学時、体を冷やしながら駅まで歩けば快適です。

●持ち物チェックが厳しい小中高でも大丈夫。これ、ただのタオルですから笑。部活に活用してください。

●蒸し暑い室内で使えば、エアコンの使用量を下げられるかも。

●お熱の時、ぶつけた時、ピタッとぐんと冷やせる。

●フェスなどの心も体も熱気のこもったイベントに。倒れたらもったいない!

●ちょっと近くのスーパーへ、なんて時にも、一本だけ持って。

老若男女にいつでも使える、誰でも作れる熱中症対策なんです。


「凍らせタオル」、バズりました。

この「凍らせタオル」のツイートですが、記録的な5月の猛暑日も手伝って、一気にバズツイートとなりました。

2019年7月末現在、個人アカウントでは10,600 RT/16,000 fav。ヨゾラデザインアカウントでは、1,200 RT/2,400 favを頂きました。インプレッション総数は約 1,300,000。

そしたらいろんなメディアさんからお声掛けをいただき、華やかなご紹介もしていただきました。

人気ウェブメディア《grape》さん

人気ウェブサイト《ママスタセレクト》さん

OBS大分放送【とりまラジオ】さん
2019/5/29-水 15時~【BINGO&とりま】 (01:44あたりから)


最後に。

「凍らせタオル」を入れるビニール袋なのですが、運動会の時はたくさん冷やしてちょこちょこ使いたいのでジップロックなどの袋が便利ですが、普段はペラペラのビニール袋をオススメしております。

地球環境負荷を減らすためにも、無駄にお金をかけないためにもです。

わたしも明日のお出かけで持っていきます、「凍らせタオル」。

皆さんで暑い夏も元気に乗り切りましょう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいですありがとう!
3

miho

お母さん業を営みながら、グラフィックデザイナー・イラストレーターとして働く、フリーランサー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。