はじめてのTバックデビュー


胸を張って宣言するが、私の下着は基本的にユニクロである。色気のかけらもない。

しかし、ひょんなことから運命が変わった。

勝負下着なんてものとは無縁の生活を送ることになるだろうと思っていたが、19歳の誕生日に、友人からTバックをプレゼントされた。


はじめてのTバック。TOPSHOPのTバック。

可愛い下着をみていると、なんだか気分がワクワクした。


ドキドキしながらTバックを履いてみたが、感想は3つだった。

1. 食い込む。

2. 痛い。

3. ツラい。

世の女性はよく我慢して履いているなぁと感心した。
しかし「これで女子力が上がるのならば!」という気持ちで、我慢して履き続けた。



友人は「普通のパンティよりも快適だし、すぐに慣れるよ」と言っていたが、慣れることはなかった。

いつまでたっても慣れることはなかった。


自分の身体がTバックに適していないのではないかと思い、インターネットで調べてみた。

すると、重大なミスをしていることに気づいた。






私は今まで、ずっと、


Tバックを後ろ前にして履いていたのだ。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

シュークリームが食べたいです

わーい!
4

ほなみん

愛すべきダメ人間

ダメ人間のカリスマたちが失敗談をポップに紹介していくよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。