見出し画像

Behind the Scenes of Honda F1 -ピット裏から見る景色- Vol.11

はじめまして!Honda F1のミルトン・キーンズにあるファクトリーで、トラベルのアレンジなどを行っているマリです。

長いシーズンも折り返しを迎え、F1チームは今週末から束の間のサマーブレイク=夏休みに入ります。オフシーズンから全力で走り続けてきたHonda F1のメンバーも、ここでホッと一息つけるのかな。

前半戦を振り返ってみると、今シーズンは特にHonda F1にとって忘れられないシーズンになっているように感じます。毎年様々なドラマがあるのですが、2015年のF1復帰後初の表彰台をいきなり開幕戦で獲得し、その後も初勝利を含めて2勝を挙げたり、昨年から苦楽をともにしてきたToro Rossoも表彰台に登ったりと、本当にうれしいことが続くシーズンになっています。先日のハンガリーGPは悔しい2位表彰台でしたが、よく考えると2位で悔しいってすごいことですよね。しみじみと、ここまで私たちが歩んできた道のりに思いを馳せてしまいます。

ートラベルアレンジの仕事

私の仕事の話をしてほしいと言われたので、ここまでのキャリアも交え、少し話をしますね。私の仕事はトラベルアレンジ。ロジスティックチームの一員として、英国を拠点に世界中を転戦するHonda F1のメンバーのホテルやフライトの手配を行っています。

F1のシーズンは2月中旬のウィンターテストにはじまり、12月初旬に最終戦を終えますが、その間に起こるすべてのトラベルをアレンジします。Hondaは1レースで約30名が参加しますが、それが年間21戦。メンバーごとに予定が異なるので、年がら年中ブッキングをしているイメージです。テクニカルディレクターの田辺さんは特に多忙で、FIAの会議などにも出席しなければならず、頻繁に予定変更が入ったりするので、アレンジするこちらも結構大変です。

パワーユニットの信頼性と同じく、私たちの仕事も「きちんと動いて当たり前」なので、ミスや抜け漏れが許されない難しさはありますね。F1チームの移動は、ケータリングも合わせると各チーム100人近い人がいて、それにメディアなども加えると、パドック全体で数千人という人数が2週間ごとに各地を転戦しています。

―Hondaとのなれそめ

私はイギリスで直接採用されたメンバーの1人ですが、元々は2004年、第三期F1プロジェクトで携わったのが始まりです。そもそもは日本で教員をしていた父の影響で、自分も英語の先生になりたいと思い、お金を貯めてイギリスに留学していました。その後こちらで結婚することになって方針転換。知り合いのつてで募集を知ったHonda F1に、リエゾンスタッフとして採用されました。当時のメンバーには、田辺さんや、長谷川元総責任者がいたんですよ。2人とも今よりも少し若かったかな。田辺さんは今みたいな感じで、シャイで真面目な印象でした。最初は目をあわせてくれませんでしたね(笑) 長谷川さんは「F1に賭けている」というのがとても伝わってきて、最初は間違ったことをしたら怒られそうで怖かったです。ただ、2人とも打ち解けるととても気さくで素敵な方たちでした。でも、あのころから「F1をやっている人」というオーラがあふれていましたね。

その後2008年のF1撤退によりチームは解散になりますが、それを知ったときの長谷川さんの顔が、ずっと忘れられなかったんです。とてもガッカリした様子で、中空を見つめて思いつめた表情と言うか。なかなか言葉で表現するのは難しいですね。

―F1復帰を知ってすぐに応募

だから、今回の復帰を地元の新聞で知った時は「きたーー!!!」と言う感じでした。実はそのときの記事は今も切り抜きにして持っています。その後、採用募集を今か今かと待ち、2014年に見つけてからすぐに応募。所属は量産車の研究所で、ミルトン・キーンズ(MK)ファクトリーの立上げメンバーとして採用されました。実は私が1人目のメンバーで、当時はまだ駐在員もいなかったので、最初はオフィスに1人だったんですよ(笑) 建物と机だけはありましたが、鉛筆1本からオーダーをはじめ、現在のメインオフィスである二棟目の用地購入交渉やリクルーティング、オフィスユニフォームの制作やランチの買い出しなど、本当に何でもやりました。

当初は10人程度で家族みたいな感じでしたけど、いまは名前を覚えきれないくらいに人が増えて、本当に大きくなったなと言う思いです。私はさながら「MKの母」ですかね(笑)

―初勝利で思い出した2015年

最後にオーストリアGPで勝ったときの話を少しだけ。私はその日は出かけていて、録画でレースを観ようと思っていたのに、気付いたらスマホのメールがパンパンに。これは「何かあったぞ」と思い、すぐに「シャンパン冷やさなきゃ!」となりました。
思い出したのは2015年、F1復帰直前のウィンターテストのことです。バルセロナにあるメンバーの宿泊先のホテルから私に連絡があり、「3日間チェックインしてないんだけど」と。みんな、ずっとサーキットから帰れなかったんです。あのころはただでさえ土日も働き詰めだったのに。

大変だった2017年も、レースから帰ってくるとみんなが無理して笑っているのがよくわかりました。辛い状況に耐えることに慣れてしまっている姿を見るのが辛くて、でもみんな外から色々なことを言われても、文句も言わずに本当にがんばっていました。偉かった。それを思うと、泣けますよね。表彰台で田辺さんが泣いちゃうんだからもっとダメですよ。本当に、ここまで長かったです。

ここから私たちは、どんどん前に進んでいくんだと思っています。そのころのことを知らないメンバーもたくさん加わっていますが、みんなのがんばりが毎回出るレースになればと思っています。もっともっと、一緒に喜びを分かち合いたいですよね。私もみんなに負けないようにまだまだがんばります!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

114

Honda F1 - 2019

Honda F1プロジェクトのメンバーが、レースの舞台裏で見たこと、感じたことをお伝えします。 公式Web→https://ja.hondaracingf1.com/ Twitter→https://twitter.com/HondaJP_Live

Behind the Scenes of Honda F1

さまざまなHonda F1のスタッフが、レースの舞台裏を紹介します。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。