お金は愛

あやかさんにとって、お金ってどういうものですか?
と聞かれたとき、私は

あるならあるだけ、ありがたいけれど
有りすぎると揉めそう。と答えました。

私は、なるべく揉め事を避けたいと思っていたので
お金で解決する揉め事であれば、
「お金」を差し出す代わりに
「揉め事」を無くしたいと思っていました。

話しは少し変わりますが、
私たち夫婦には子どもがいません。
なので、万が一の遺産相続のときは親兄弟を巻き込んだ形になるため少し複雑です。

夫と私は、共に事業を行っています。
今ある資産財産はほぼ全て、二人で力を合わせて形成してきたものです。

私たちはそれを、ビタ一文誰にも渡したくないと思っています。
だから、夫は公正証書遺言を作ってくれました。

私たちの財産は法的に守られています。
なのに私は、もし義家族がウダウダ言ってきたら
お金を払ってでも関わりたくない、と思っていたのです。

これは本当に大きな大きな間違いでした!!

夫は、自分の死後、私が金銭的に困ることのないように、大きな大きな愛と覚悟をもって、公正証書遺言を作ってくれたのです。

それを私は全力で受け取り、夫の遺志を守るべきところ、何を血迷ったのか
「あーウザい、金で解決しちゃえ」と夫の愛を捨て去るところでした!

日本は法治国家です。
(まあ断言しづらいところはありますがw)

夫の遺志、私の権利は、法によって守られています。
だから、「闘う」必要すらなくて
私は案じる必要など全くないのです。

むしろ、そのための公正証書ですよね。

生きているうちに、早く気づいて良かった❤️
私は、過去から現在、そして未来に至るどの時代でも愛されています。

その愛を手放す必要なんてありませんでしたし、
不安に思う必要もありませんでした。

私のなかに残っていた、「闘いの記憶」に終止符です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ステキな1日をお過ごしください❤️
1

トータルライフパートナーAyaka

生活のなかの困りごとを一つずつ解決し、ストレスのない生き方を提案いたします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。