手塚だい

・デザイナーだったり ・物書き好きだったり ・漫画の構成的な生業

『やれない』と『やらない』

ちょっと前までは、なーんでもやってあげていました。
着替えさせたり靴を履かせたり、ご飯を食べさせたり、
おしっこさせたり、絵を描いてあげたり。

でもある日からふと、パパは意識を変えるのです。
「自分でやらせなきゃ」と。

もちろん、いきなり自分でなんでもは出来ません。
手を貸してあげるべきか、見守るべきか。
幾度となくパパは堪えました。
本人も戸惑ったことでしょう。
今までは「やってください!」

もっとみる

哀しきクリスマス  -2017-

12月24日、午前2時過ぎ。

ボクは倅ちゃんが寝ているのを確認し、

寒さを感じながらも布団から抜け出し、

納戸から隠してあったプレゼントを取り出した。

そして、倅ちゃんの枕元に立てかける。

目が覚めて、倅ちゃんの目が輝くのを想像しながら。

かつてボクがそうだったように。

朝、寝ぼけ眼の倅ちゃんが、頭上の大きな箱に気づいた。

大興奮で「開けて!開けて!」とせがむ。

ふふふ。いい反応

もっとみる

フ ラ ン キ ー

そんなことは少数派の意見で、

多くの人が眉唾モノなのは百も承知とはいえ、

改めて驚かずにはいられない。

そのニュースは、トランプ氏が大統領になった意外性すら凌駕した、

ボクにとって今年一番の衝撃を与えた。

ちょっと前のニュースなので、すっかり風化しているだろうが

この驚きは綴らずにはいられない。

ボクの中で、それだけ本当に信じられない事なのだ。

「人当たりが良いことは、生きていくう

もっとみる

お と も だ ち

違和感を感じずにはいられない。

公園や児童館、ショッピングモールにプレイランド。

週末の度に、2歳の倅を連れて出かける日々。

いまだに違和感の残る状況がある。

「おともだちが遊んでるでしょ」

「おともだちが待ってるでしょ」

見ず知らずの親御さんが口々に言う。

その度にボクは心で思う。

「おともだちではないが」

他所の子を呼ぶ際、「おともだち」という呼称以外に

適した呼び方はない

もっとみる

今更あの話題に触れてみた 01

早いもので、今年も350日を切りました。

如何お過ごしでしょうか?

本厄のワタクシめは、おみくじを2回ひきました。

末吉、吉と確実にランクアップしております。

師走の頃には「超吉」くらいになってるんじゃないでしょうか。

ところで今年はオリンピックイヤーですね。

リオデジャネイロの。

なんでしょう、この『触れられない感』。

まだ半年先の話だけどさ、例年だと年明けから

「今年はオリン

もっとみる