見出し画像

田んぼの中の地蔵のご利益(日常の不思議ファイル 45)

昭和の高度成長期の真っただ中
私は小学生でした。

田舎では、牛馬から機械、そして大型機械の導入のため
今までの狭い変形の田畑を均し、圃場整備が進みました。

うちの近所は関東平野らしい広々とした田畑が広がる場所で、
遠く10km先も見通せるような田畑の続く田舎でした。

圃場整備が終わって車が行き交う道路ができたのですが、
そんな田畑の真ん中で、よく事故が起こるようになりました。

半径2kmくらいは家一軒もない見通しの良い交差点です。

小学校低学年の私が食卓で親たちの会話から聞いた話です。

もともとそこにはお地蔵さんがあったそうなのですが、
圃場整備の時に撤去してしまったそうです。

だから事故が起こるんだということで、
またその何もない交差点にお地蔵さんを置いたら
全く事故が起こらなくなったということでした。

うちの親はそういう話は全く信じない方なので
呆れるやら偶然だろう、くらいの会話だったのですが
私は妙に心に残っていました。

大人になって自分が車を運転するようになり、
その場所を通るようになると

よく見なければ分からないくらいの目立たない場所に
小さなお地蔵さまが、今も設置されているのを見ました。

いよいよ令和の時代が始まります。
GWで帰省した今日、久しぶりに通ると
お地蔵さまは頭の上の方が欠け、真っ黒になっていました。

(たぶん車でぶつけてお地蔵様を欠けた人は)大丈夫なのかな?と
思いながら通り過ぎたのでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヾ(*´∀`*)ノ ありがとうございます♪
1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。