見出し画像

「本の記憶、街の記憶」   アサガタ

 私が子どもの頃、街には4、5軒の本屋があったと思う。今住んでいる街の最後の1軒は、昨年4月に閉店した。本と一緒に売られていた文房具は、私のとびきり難しい資格の試験勉強を支えてくれた。そこで買った本は、家の本棚で、私のおにぎりのような、ボテッとした手と、母の鶏ガラのような細い手に、代わる代わる触れられている。
 物忘れの多い母娘だが、どこの街の、どの本屋で、何の本を買ったという記憶だけは、鮮明に覚えている。

 本の記憶は、街の記憶でもある。
 若かった母が、見知らぬ街で、家族も友人もいない環境の中、子育てをしていた時に、孤独を慰めてくれた、山本周五郎の短編集。中でも、「さぶ」や「柳橋物語」がお気に入りだった。駅の踏切傍の古本屋で、私を負ぶいながら買ったそうだ。今でも電車からその古本屋が見えると、母は懐かしそうにしている。
 小学生の私は、お小遣いが入ると、花屋と郵便局の間にあった小さな古本屋で、ポプラ社のアルセーヌ・ルパンシリーズを貪るように買っていた。ルパンの泥棒ではあるが殺人は好まず、インテリで紳士的なふるまいが大好きだった。

 そんな私も中年になり、母は後期高齢者である。今では、母の体調をみながらだが、1月に1回は上京し、美術展や新しい本との出会いを母娘一緒に楽しんでいる。
 やがて母が亡くなり、私が1人になっても、これは一生続けていくつもりだ。

 こうして本の記憶は、街の記憶から、人生の記憶になっていくのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!頑張ります!
13

本屋 本と羊

東京都在住。来年中に本屋を福岡にて開業計画中。 https://hontohitsuji.wixsite.com/book

エッセイ「街と本」

4月・5月の本屋のテーマにちなんで、みなさんから投稿していただきましたエッセイを掲載していきます。4月・5月中は店頭で展示させていただきます。その後もファイリングして店内でご覧になれます。 注)当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAV...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。