ほめ言葉をしまう心の引き出しは、たくさん用意しておこう ある#Metoo案件から学ぶこと

フォトジャーナリストの広河隆一氏のセクハラ問題が暴露されました。被害を受けた告発者は一人ではなく数人にのぼるそうです。まだ口を開けないでいる被害者はきっともっといるのでしょう。

不勉強で、あまり広河氏の偉業について知らないため「まさかあの人が」という衝撃はなかったのですが、男性有力者の「堕ち方」ってほんといつもワンパターンだよな、とは思いました。

彼に限らず、という内容ではありましたが、彼が最初に言っていた言い訳が、何か重大なことを教えてくれてるような気がしたので、私がいつも考えていることをこの機会に書いてみます。

広河氏は、自分に魅力があり憧れていたから性行為に応じたのだ、というような言い訳をしているようです。告発者のおひとりも、女性たちはみんな彼の仕事を尊敬し、そこから学びたくて集まっているのに、モテてると勘違いしているフシがあったと証言しています。

この部分が、すごく示唆に富んでいると思うのです。これからの社会で、男性はいかにあるべきかを教えてくれているような気がする。

この続きをみるには

この続き:2,251文字

ほめ言葉をしまう心の引き出しは、たくさん用意しておこう ある#Metoo案件から学ぶこと

オラシオ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリーランスのため、みなさまのサポートは取材や執筆活動の貴重な経費とさせていただいております。また、サポートいただくとものすごく励みになります。最高のエネルギーです。よろしくお願いします。

ありがとうございます!SNSでシェアしていただけるとさらに嬉しいです!
59

オラシオ

この恋愛観、そんなに変わってます?

大学時代に出会った彼女と結婚もせず付き合って早や約四半世紀。初恋からそのまま超ロングラン恋愛に突入した私の恋愛観は相当変わっていると言われます。そんな私の恋愛についてのコラムを集めたマガジンです。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。