仁義の切り方、すれ違い

長い間お世話になってた方、僕が何か書いたり仕事したりするたびに助けたり応援してくださっていた方が、突然冷たくなってしまうことが時々あります。

SNSは恐ろしいもので、そういう「何となく、距離ができてしまった」ことが察せられてしまうのです。

ひと頃まではひんぱんにシェアしたりいいね!押してくれたりしていたのに、いきなりパタッとノーリアクションになる。自分のSNSアカウントをまめに管理していたら、そりゃあ気づいちゃいますよね。

はっきり言って、そんなの知らないほうが良かった。勘違いしたままでいたかった。でも、見えてしまう。SNSが作り出した現代病ですね。かんたんにつながることができるようになった分、つながらないことも可視化されちゃったわけです。

そういうこと、ありませんか? それなりに親密にしてたり、よくしてもらっていたりという仲だったはずの人に、なぜか離れられてしまう。

そして、こういう時はだいたい「どうしてあの人は突然冷たくなってしまったのだろう」と理由がわからないので不安になりますよね。自分ではいつもと変わらず接していたはずだと思っているので、どんな失礼をしちゃったのだろうかと一生懸命考える。でも、全然思いつかない。

答が見つからない自問自答は、なかなかつらいものです。

ただ、わからないはわからないなりに、おそらくそういうことなのだろうなと思い当たるフシもなくもない。

たぶん、その人たちと僕では「仁義の切り方」が根本的に違ったのだと思うのです。

たとえば何かについてお礼のメールを送るとか、やりとりの返事の頻度とか、そういう感覚がすれ違っていた。その人にとって「自分なら、お世話になっている人にこういう態度はとらない」ということを、僕がふつうにやってしまっていたのでしょう。

あるいは逆に、やるべきことをやっていなかった。こういう偉い人にフォローされたら、ふつうフォローし返すものだろう。なのに無反応かい。業界の仁義をわかってない奴だな。とか。

最初はその人も「応援するぞマインド」でいっぱいなので、ちょっと自分と感覚が違うなと感じてもそれほど気にはならない。でもそういうすれ違いが積もり積もってくると「いつも気にかけてやってたのに何だよ」と、可愛さ余って憎さ百倍、まあ百倍とまではいかずとも二倍くらいにはなってしまうのでしょう。

こういうの、人によって温度差があるので、なかなか難しいですよね。かく言う僕も「普通こういう時って僕に一言あってもいいんじゃない?」とか、「お知らせもなしかよ」とか感じてしまった相手も何人かいて、やはりその人たちとはそのまま疎遠になってしまいました。

でもきっと、その人的には、僕に対してちゃんと礼を尽くしてくれていたんだと思うのです。あるいは逆に、僕のコンタクトの感じが、その人の感覚とフィットしないのが見えてきて向こうもめんどくさくなってしまったのかも。

まあ人間関係はなにごとも「去る者は追わず」のほうが良いので、そのまま没交渉になっても、なんとなく寂しく思うだけでとりたてて支障はないのだと思います。結局、その程度の関係なのだったと言ってもいいでしょう。

しかしこれは逆に言うと、そこさえすれ違わなければ、うまく仲が続いていたのではないか。少しもったいない感じもしますよね。

まずひとつ考えられるのは、前に僕もnoteに書いた↓のですが「自分はSNS上でこういうコミュニケーションのルールを敷いているので、それが合わないと思った人は最初から関わらないでください」ということをすごくやわらかく、かつめんどくさくない感じに表記できる項目があればなあということです。

一度関係を作ってから壊れてしまうのって、双方にそれなりのダメージがありますよね。どんなにドライに考えている人でも、少しは「嫌な記憶」が残ってしまうものだと思います。

だから、前もってNG項目があると、あとで壊れてしまうような、仁義の切り方がすれ違ってしまう人と最初から関係を持たないで済む。

これはこれでストレスがなくていいですよね。現実的に可能かどうかは別として、ひとつの解決策だと思います。

一方で、それだといつまでも人の輪が広がらないですよね。危機管理に心が割かれてしまって「ちょっと面白そうな人だから、コンタクト取ってみようか」という思い切りがなくなってきてしまう。

SNSもネットも、今の社会では「つながるツール」としての役割が大きくなっているので、特に発信系の仕事をしている人にとっては使わにゃ損だと思います。

というわけでこういうのはどうですかね。これもまた「近未来」的な話で、そんなの無理だよというテクノロジーなのですが。

交友関係をアプリみたいなものが管理してて、つながっている人ひとりひとりの「仁義の切り方」ニーズみたいなのを把握しているのです。そして「この人にはここでお礼を言っとかないとヤバいよ」とか親切に指示出ししてくれる。

うーん、これはこれで気持ち悪いかな(苦笑)。とにかく僕が言いたいのは、別にこんなアプリじゃなくてもいいんですが、仁義の切り方が微妙にすれ違って関係が終わってしまうのは、お互いに悪意がないだけにとてももったいない気がするってことなんです。

もちろん、それくらいのことはちゃんとやるのが大人だろ、プロだろというツッコミもあると思いますし、僕もそう思います。でも今のSNSって「つながる」を後押しはしても「つながりが途切れるのを防ぐ」力はあまりないように感じます。

何でもネットやアプリつながりをもとに考えるのも思考停止ですが、そういう方向での活かし方ってできないものなんでしょうかねえ。特に答はないのですが、最近考えていることを書いてみました。

投げ銭制です。面白かったという方は、ぜひ応援よろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。

この続きをみるには

この続き:0文字

仁義の切り方、すれ違い

オラシオ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリーランスのため、みなさまのサポートは取材や執筆活動の貴重な経費とさせていただいております。また、サポートいただくとものすごく励みになります。最高のエネルギーです。よろしくお願いします。

ありがとうございます!SNSでシェアしていただけるとさらに嬉しいです!
20

オラシオ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。