辞めていくあなたを引き留めたい 職場と介護の話

女性の割合の方が圧倒的に高い職場ばかりを経験してきたので、女性ってずっと働き続けるのが難しいんだなあという実感があります。

私が働いていたのはすべて「時給職」、要するに非正規なので、辞めていく理由が「就職が決まりました」とか「もっといい条件の職場を見つけました」とかなら良かったね、とその同僚を送り出せるのですが、もちろんそんな例は稀でした。

ほとんどの女性が家庭の事情で辞めていきます。と言っても、ここでは「男性も家庭のあれこれを引き受けるべき」みたいな話はとりあえず脇に措いておきますね。

家庭の事情と言っても、いろいろあります。

結婚や妊娠を機に辞める人。配偶者の転勤で辞める人。出産した後、一度職場復帰したもののやっぱり育児が大変なので辞める、という人もいます。

いろんな例を見てきましたが、一番やり切れないなあと感じるのが「家族を介護する必要があるから」と言われた時です。

その人が仕事を続けたがっている場合など、なおさらですよね。せっかくやりたい仕事に就いて意欲も能力もある人なのに、突然家族が要介護の状態になって辞めざるを得なくなるなんて例をそれなりに多く見聞きしてきました。

最近もそういう例を知人たちからいくつか聞かされて、そう言えば、介護という問題を抱えてしまった働き手に対して、職場って何もできないよなあと改めて思ってしまいました。

職場と家庭の両立という問題において、多くの女性の前に立ちはだかるのが「家族の世話をする」ということだと思います。世話と言ってもいろいろあるるでしょうが、そのうちの2つ「育児」と「介護」は一番要労力量が重いものなのでは。

しかしですね。

未だ保育所問題で揺れているとは言え、育児に関しては「他人に一時的に預ける」という考え方が徐々に浸透しているような気もします。実際、そうしなければ働けないですよね。

逆に言うと、預けて働くというやり方が浸透してきたからこそ、預け先が足りないという問題が浮上してきたわけで。

近年現場は労働力不足に喘いでいます。労働力をかんたんに使い捨てにできる時代は、数年前に終わったんですよね。だから、雇用する側はそれなりに働いてくれる人を確保しておかなくては立ち行かない。

そしてそうした働き手は、男性からだけ採っているのでは間に合わない。その意味で、今は「女性の労働力をどのように確保するか」が企業にとって最重要トピックのひとつなのだと思います。そして、その労働力はできるだけ優秀であって欲しい、そして長く働いて現場に寄与して欲しいというのが雇用側の本音でしょう。

これは自分も数十人規模の職場を切り盛りする役職になったからわかることなのですが、その職場が一番いい状態で安定し機能するのは、働き手が不安なく気持ちよく働ける環境が整っている時です。そのような環境が整った時は、スタッフもそのポテンシャルを最大限発揮してくれます。

だからこそ、昨今は職場が女性スタッフのために託児所などを設けるパターンも増えてきているんですよね。雇う側が的確にサポートすればどうにかなる育児問題で、即戦力を失うわけにはいかないんです。それはもう、バイトばかりの職場でもそうなってきていると思います。

もちろん、まだまだ現状に即してないのでしょうし、全然足りてないんですが。そこまでやっているところはまだまだ少ない。でも、そういう世の中だからこそ、育児問題に対してきちんと向き合っている企業は、それをセールスポイントに良い人材を集められるというわけです。

しかし介護問題のほうはどうでしょう。

介護も、育児と同じくフレキシブルに職場を離れることができないといけないですし、その分の経済的デメリットは給付金などで補われるべきです。

実際「育児・介護休業法」というのがあって、今年の10月1日からさらに改正されたものがスタートします。いろいろ条件もあるようですが、離職を決意する前に立ち止まれるよう、改正前よりフレキシブルになっているようです。

厚生労働省のホームページを見ると「介護離職を防ぐために」というページもあるので、やはり介護を理由とした労働力流出は雇う側にとっても一大事だということもわかりますね。

介護離職の問題については↓がよくまとまっています
介護離職の増加 理由と対策
https://www.minnanokaigo.com/guide/care-trouble/leave-job/

でも、これって育児に対するサポートの進み方とはなにか違うんじゃないかということがずっと引っかかっていました。

それは、職場が託児所を設けたりあっせんしたりする例が増えてきているのとは違って、介護の場合は担い手が本人であるという状況は変わらないということです。

介護のために休みもとれる、その時間分の給与もある程度は保障される。でもそれは、あくまで介護をその働き手本人がやるためのサポートなのです。要は、仕事も介護も両方やってくださいと。育児の場合は、それ以外の道、つまり「預ける」を企業が用意してくれる場合があるのに。

介護を家族がやるのがいいか、業者など他人がやるのがいいか問題は人によるので、それもとりあえず脇に措いておきましょう。ただ、介護休業や介護休暇の前提になっているのは「要介護者の家族である労働者本人が介護をする」という状態なのは変わらないです。

もちろんデイサービスみたいに、自分や家族以外の人に一時的に介護を託すサービスだってありますが、それは個人でお金を払って、個人で申し込むしかありません。優良企業でも、育児サポートはしてくれますが、介護サポートはしてくれないですよね。介護のための時間と生活を保つためのお金はある程度与えてくれますが、介護そのものに手を差し伸べてはくれない

あと、育児ってある程度上限日数が見えるじゃないですか。だいたいどれくらい経てば手がかからなくなってくるとか。やっぱり先が見えると頑張れるというところはあるんじゃないでしょうか。でも介護はどうでしょう。

突然倒れたり重病に侵されたり老いから寝たきりになったりした家族が、いったいいつ要介護状態から脱することができるか、あるいは不幸にも亡くなってしまうかなんて、なかなかわからない。そんな状態が続くまま、労働と介護の両立ってなかなか精神的にも肉体的にも辛いと思うんですよね。

いわば、いちばん日数規定の決めづらいものなんです。でも、介護休業は今のところ取得上限年間93日までです。上の厚生労働省のページをざっと一通り見ても、育児サポートの方により重きが置かれている印象を持ちました。

もちろん、辛いことばかりでもないのかもしれませんが。育児が子どもとの触れ合いの豊かな時間であるように、介護も家族とのそういう時間なんだ、しんどいと一方的に決めつけないで欲しいと言う方もいらっしゃると思います。

あと、一般に50代の女性の介護離職が多いと言われていますが、若い人の介護離職もないわけではありません。私自身、そのような例を見聞きしています。また、私の住んでいる青森のような地方だと「いずれ親の介護をしなくてはいけないと思ったから青森に帰ってきた」という若いUターン族もかなり多いんですよね。自分が介護をやんなきゃって予想のもとに人生設計をしている

日本は少子高齢化社会なので、家族、特に親が要介護になるという例はこれからもっともっと増えていくはずです。そんな中「本人が担い手になる」を前提にした介護へのサポートは、ほんとうに介護離職のストッパーになるのかなとちょっと怪しく感じます。

逆に言うと、雇った働き手に介護問題が降りかかった時、介護休業取得・給与保障に加えて独自のデイサービスなどのサポートを設け、その働き手が労働に従事する時間や疲弊しないように休息する時間を確保するような企業が出てくれば、そこには優秀な人材が集まるのじゃないかなと思います。

先のUターン族の例ではないですが、遠隔地の実家にいる家族が要介護状態になった時のサポートも万全なら、せっかくの労働力を故郷に帰してしまわずに済みます。企業が、労働者の実家のある自治体の介護サービスをあっせん・利用料の肩代わりとかできたらいいですよね。

育児なら基本子どもと一緒に住んでいるでしょうけど、そのへん介護はまた違います。でも確実に起こる話なのですから、企業のサポートも国の体制作りも、育児と同じく「預けられる場所・人」を前提にしたほうがいいんじゃないかなと思っています。もちろん、自分でやりたいという人はそれはそれでちゃんとサポートする。そうした流れは、近年さまざまな問題が頻出している介護サービス業界の労働環境などの改善にもつながるはずです。

だって、辞めていく「あなた」を引き留めたいじゃないですか。その手が的確に差し伸べられる社会であって欲しいなと思います。まだ親が存命の私にとっても無縁の話ではありませんし。

最近、そんなことを考えさせられる例をいくつか同時に聞き、好きな職場を離れざるを得なかったその人たちのことを想い切なくなったので、つい書いてしまいました。

投げ銭制です。面白かったという方は、ぜひ応援よろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。

この続きをみるには

この続き:0文字

辞めていくあなたを引き留めたい 職場と介護の話

オラシオ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フリーランスのため、みなさまのサポートは取材や執筆活動の貴重な経費とさせていただいております。また、サポートいただくとものすごく励みになります。最高のエネルギーです。よろしくお願いします。

ありがとうございます!SNSでシェアしていただけるとさらに嬉しいです!
43

オラシオ

一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術

アーティストもデザイナーも、科学者もエンジニアも、漫画家も著述家も音楽家も役者もゲーマーもアスリートも、そして子どももシニアも、目指せ「独立自存」。😃✨
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。