無料配布に対して『価値を下げてる』と批判されたけど、まずは価値を見出してくれる人を探すんですって話

なんとなく4年ぐらい前にブログを始めて、なんとなくイラストを投稿し始めて。インターネットのこと全然わからなくて、都度ネットで検索して、ノウハウが書いてあるサイトを鵜呑みにしてここまで来ました。
だから、そもそもここで自分がノウハウ的なことを書けるような立場ではないと思ってるんですけど、そんなネット低学歴な自分だから思うのが、ネットで稼ぐのって簡単じゃないですね。


めちゃくちゃ稼ぎたい!!!!!!みたいな感じで始めたわけじゃないからこそ、今お仕事いただけるようになったんじゃないかと思っています。
一番最初は"ブログで月1,2万円ぐらいのお小遣い稼げたら"ぐらいの志でスタートして、参考までにブログで食べるためには...みたいな本『ブログ飯』を読んだりしたんですけど、感想としては『絶対めっちゃ時間かかるやん...』でした。

ブログでご飯が食べられるぐらいまで稼ぐって、しっかり内容のあるブログをたくさん書き続けて、検索の時に自分のブログが上の方に上がってくるようにするためSEOを勉強したり、記事数を積み重ねたり...そんなん兼業でやってられるか!!!!
だから、改めてお小遣いを目標にして自分の好きなことだけを書くことにしました。ちなみに、ブログ内にグーグルアドセンス(広告)を貼り付けてたんですけど、月何十万アクセスしても広告収入が1万円ぐらい(適当に貼ってたから)でした。

でも、ありがたいことにブログの読者登録が日に日に増え、寄稿(Webメディアで記事を書くこと)の依頼をいただけるようになりました。その時はギャラが1本5,000円。文章書いて、イラスト10枚ほど描いて。今思えば全然割に合わないのですが、ブログよりも遥かに良かったのでやってました。この頃、Twitterのフォロワーが2,000人ぐらいだったはず。

そこで思ったのが、『ブログで稼ぐのやめよう』ってことでした。ブログでしっかり稼ぐ方もいるんですけど、僕は会社員なのもあり、毎日コンスタントに更新することができなかったんで、効率でいえば"寄稿"の方が良かったんです。


目先のお金はあきらめた

ここからは、僕がお仕事をもらえるように意図的に取り組んだことを書きます。

ブログの広告をガサッと減らしました。当時、ちょっとしたブログブームだったんですけど、広告に嫌悪感を持つ方が多く、広告がついてると読まないという意見を多く目にしたので、文章中の広告はなしにして、一番下の方にちょろっと入れてました。

なぜ、そうしたかというと、まずはファンを増やすということを優先にしました。ファンを増やすには読んでくれる方の母数を増やすこと。読んでくれる方が増えるとシェアしてもらえる可能性も増える。当たり前のことなんですけど、フリーランスの方とかだと『少しでも収入を...!』って思っちゃうはずなので、兼業だったからこそ思い切ってできたと思います。

自分がお店(実店舗)をオープンすると考えます(しかも路面店ではない)。そうなるとめちゃくちゃ宣伝をするしかなくて、オープニングセールで50%OFFとかノベルティ配布します〜って積極的に宣伝したりすると思うんです。なんとか集客するために。で、来てくれた方にまた来てもらうためのお店作りなどの施作を考えるはずです。
...なんとかお店(ブログ)に入ってもらうために、一人でも広告の嫌悪感による機会損失をなくそうと思いました。

今はその広告収入を欲するときではない!と自分に言い聞かせてました。


経験から学んだこと

ここまでの考え方は、僕がバンド時代から思ってることで、昔バンドしていたときに自分たちのイベントの宣伝のため、フライヤーと一緒に無料サンプルCDをいろんなライブハウスでライブ見に来ていたお客さんに配りまくってました。自分たちと近いジャンルで、人気バンドのライブ終わりの出口付近で。

大阪のバンドだったんですけど、名古屋とか東京まで配りに行ったし、お店に設置してもらったりしました。もちろんそれだけ考えると大赤字。けど、おかげさまでイベントでは約350人動員して、当時ライブハウスの動員記録になりました。

自分としては大成功だったんですが、先輩やバンド仲間からは批判的な意見をたくさんもらいました。
無料で音源配るなんて価値を下げてる』『無料をエサについて来たお客さんはその1回限り』などなど。

うるさいうるさい!!!!!!!!!

お金だけで価値が決まると思ってんのか!!!!!!!そりゃお金払って買ってもらえる方が絶対にいいけどお金払って買ってくれる人がいないのに、そんなこと言ってたって仕方ない。1回限りかどうかはイベント次第で、良いライブできたら必ずまた来てくれる。そうは思いながらも僕は先輩に言われることを下唇噛みながら『そうですね...そうですね』と堪えました。そう言ってきた先輩たちは先に早々と解散しました。

何よりも続けれなくなってしまうのは価値以前の問題。
価値を見出してくれる方を見つけるためにまずは体験を。

そして、仮に5万円でサンプルCD1,000枚作ったとして、1,000枚のうち30人来てくれたらチケット代1,000円でも30,000円。ここまで見れば赤字かもしれないけど、さらにその30人のうち5人が次のライブにも来てくれて5,000円。次のライブは3人。次のライブは1人。
でも、その1人が友達1人を連れて来てくれるかもしれない。その1人がまた1人を。

そういう可能性の繰り返しだと思うんです。宣伝はその可能性を生み出すため。そう思うと50,000円なんて安いもの。冒頭のブログの広告を取っ払ったのもそう、目先ではなく1年2年先を考えてそうしました。


明日から動き出すことはできますが

今回書いてることって全部普通(当たり前?)のことなんですけど、いざ自分がフリーランスになって自分のブログ1記事で明日のご飯が...みたいな状況になると先が見えなくなると思います。

僕は経営学が好きで、いろんな企業家の方のブログを読んだりするんですけど、それ読んでると自分もすごく大きな気持ち(すぐにできそうな気持ち)になるんですよね。みんな簡単に言うから。でもその方々もずっと苦労してきたり積み重ねてきたからこそ、それが言えるわけで。明日から稼げます!なんて人はいないと思う...。
明日から動き出すことはできますが。


...と、お仕事がもらえるように自分が取り組んだことの話から大脱線してしまったんですが...
あとは、ギャラが安くても露出の多いメディアで書く。Twitterでコンスタントに自分のコンテンツを発信し続ける。ファンからはお金を取らない(対価は別)。の3本立てなんですが、詳しくは次回書きます(引っ張っておいてごめんなさい)!


今回はここまでです。読んでくださってありがとうございました!


==============
この記事は『ぼくがイラストレーターになるまで』とマガジンで、イラストレーターとして活動して4年目でまだ経験は浅いですが、クリエイターのブランディング方法など...だれかの参考になればと思い不定期に更新しています。
よかったら他の記事も併せて読んでみてください。
質問・ご意見・ご依頼などはTwitterのDMからお願いいたします。
==============

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたり、有料記事を購入してくださった売り上げは次の新しいこと始めるための活動資金とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます!

すごい励みになります!
130

ぼくがイラストレーターになるまで

2014年にネットで活動を始め、今こうしてイラストレーターとしてご依頼をいただけるようにまでなれました。『自分めちゃくちゃすごいでしょ!』ってことではなく、だれかの参考になればと思って書いていきます。ただの経験談なので参考になるかわかりませんが...
3つのマガジンに含まれています

コメント2件

今週新しいツールとしてnoteを始めて、新しく自分をブランディングしなきゃという時期に、タヌキさんの記事を拝見し穴が空くまで読みました。あとめちゃんこメモしました。ネーミングとか、プロを使う所は使うとか、コミュニティが作れないなら飛び込めとか。アウトプットしてくださって有難うございます、勉強にしかなりません!あと、まさかフォローしてもらえるとは思わなかったのでそれも合わせてとっても嬉しいです。やっぱりネットに帰ってきてよかった。自分が尊敬して凄いと思っている人と繋がりを持てるという…ネットの神様有難う(合掌)
昨日、私に対する中傷をnoteにアップして、残りの400文字ちょっとに5,000円もの値段をつけてた人に読ませたい記事ですね。
コメント付けたら秒で消されて笑いましたが、何人の人が5,000円も払うことやら。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。