アウトプットの形にこだわらなさすぎてイラストレーターになりました

2013年11月から『吉本ユータヌキ』として活動を始め、2018年で5年目になります。まだ4年と思ってたけど、もう5年。もう5年か。

自分は極度の飽き性なので、仕事・趣味・ダイエット...何事も全く続かず。振り返ってみると長く続いたのって、高校入学してすぐに始めたマクドナルドのバイトが5年。18歳から始めたバンド活動が7年。寝てても怒られなかった酒屋さんのバイトが5年。だけ。そんな中、タヌキに化けて5年。もう5年か!!

なんでこんなに続いてるのかわからないんですけど、5年も続けて来れたおかげでいろんな経験もできたし、知り合いも増えたし、自信にもなってきました。
そんな経験の中から、次は誰かのためになるような話を発信できればと思います。
ちょっとしたクリエイターの話』、始めます。


【この記事の目次】
1:好きなことを仕事にするんじゃなくて、仕事を好きになるために考えます
2:ブームにはガンガン乗る
3:仕事へのモチベーションの話
※後半は有料範囲となりますが、8月中は月額マガジン無料期間なので、お試して購読してみてくださいね


好きなことを仕事にするんじゃなくて、仕事を好きになるために考えます

なんで続けて来れたのかと考えてみたんですけど、たぶん、仕事を好きになるためには...仕事を楽しむためには...という風に考えられるようになったから(かも)。仕事からは逃れられないので(現実)。

好きなことで、生きていく』ってYouTubeのキャッチコピーであったじゃないですか。あれ、会社員の僕にとってはすごい羨ましくて悔しくて。そうなりたいけど、そう簡単じゃないじゃない。好きなことが仕事になるとは限らない...


はっ!それなら仕事を好きになれば『好きなことで、生きていく』の可能性広がるやん!


ってことで、僕が思ったのは、アウトプットの形にこだわり過ぎないこと。
こうしてタヌキになって、したかったことは『楽しいこと発信したい!』ってざっくりしたもので。その信念さえ守っていれば見せ方はなんでもいいじゃないか。こだわりもないし。『好きなこと発信して、生きていく』になるじゃないか!ってわけです。

で、ここまでの活動をわかりやすく年表にしてみました、こちら〜

(表を作るセンスが圧倒的にない...!)

こんな感じで、アウトプット/コンテンツ/仕事と3項目で分けてみたんですけど、5年間いろんなことをやってきました。貫いてきたのはTwitterと『楽しいこと発信したい!』の信念だけ。
もともとバンドマンでイラストもタヌキになってから始めたので、26歳からプロに敵うような技術もないし、アウトプットの形にこだわらず、時代にあったやり方で発信しようと思っていました。

ただ、やるからにはめっちゃ勉強するし研究する!イラストも適当ではなくて、どんなイラストを描きたいか、どう見られたいか、どうしたら上手くオリジナリティが出せるかは常に考えています。じゃないと同業の方々にも失礼だと思っています。


次はこの表に少しポイントを加えてみました

そうなんです。実は最初、イラストも描いてないシンプルなライターから活動を始めました。商店街をすごろくしたり、居酒屋の飲み放題でどんだけ飲めるか...とか、からあげクン100個入りをオリジナルで作ってみたり。なんか色々やってました(あの頃は若かった)。

で、子供が生まれたことをキッカケに休日は家族との時間にして、平日の夜中だけを作業時間にシフトチェンジしました。なので、取材などできなくなってしまったのでライターをやめて、ブログの挿絵ぐらいで描いていたイラストを見て仕事をいただけたことをキッカケに、イラスト中心の活動に。

2015年ごろはブログでイラストエッセイ(イラストと文章)で書いてたんですけど、子供が成長するにつれてその作業時間も取れなくなってきたり、仕事としてご依頼を頂くことが増えたので、作業時間を短くするために4コマや1枚イラストにシフトチェンジ(2016年ごろ)。

ブログほどのボリュームも定期的な更新ができなくなってしまったので、SNSをメインにシフトチェンジ。こういうところは迷わず切り替えます。

生活環境に併せて発信方法を変えていく。
時間をかけてじっくりを大きな1つを作るのもありですが、僕は効率の良さや更新頻度を優先したかったので手軽なコンテンツへと変わってきました。

本当は文章とか言葉が好きなのでエッセイとかコラムとか書きたいし、どちらかというとラジオとかしたい。けど、いまはイラスト。イラストが同じぐらい好きになりました。イラスト=仕事が好きになるように活動してきました

それは自分がやりたいと思った案件しか受けないとか、仕事ではないイラストの発信をしていくとか、SNSでたくさんいいねをいただけるようになったとか、色々理由はあります。

※語弊がないように...小学校の時の将来の夢は"漫画家"と言ってたほどに普段からイラストは描いてたんですけど、いつの間にか諦めてました。なのでイラストレーターや漫画家さんにはリスペクトはちゃんとあります!


ブームにはガンガン乗る

なんとなくアウトプットはなんでもいいんじゃね的な流れになってしまってるんですけど、作業効率の良いものであったり、環境に合わせて...だけでなく、その時期によって感じるブームにはいち早く乗ります。

ミーハーであることもすごく大事じゃないかと思っています。


ここから下は
図2点
●毎年のブームはこんな風に感じていました
●仕事のモチベーションはアレとアレ
●自分なりの活動ルール
について書いています!

この続きをみるには

この続き:1,629文字/画像2枚
記事を購入する

アウトプットの形にこだわらなさすぎてイラストレーターになりました

吉本ユータヌキ

380円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたり、有料記事を購入してくださった売り上げは次の新しいこと始めるための活動資金とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます!

すごい励みになります!
103

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。