コミュニケーションの現実逃避

人と常に伝達をはかっていないと
ぼくはコミュニケーションという名を
奪われる仕組みになっている
それはぼくのことを嫌う、
アポなしという名前のやつらの陰謀

ぼくは今日はひどく疲れている
ひとに会いたくないどころではなく、
ふとんから出たくもない 
なのに・・
あいつらはアポもなく僕の家を訪れに
やってくるはずだ

どうしよう。
いっそ名前をこちらから捨ててしまおうか?
捨てて、不十分なコミュニケーションでも
人と上手く接することが出来る様な人間に
なれるのなら・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ホセ(さみだれうさぎ)

詩人、絵本作家、イラストレーター。どうか時間のある時に読んで下さい。少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。代表作に「現実逃避のうた」などがある。

現実逃避のうた

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。