メンタル超弱い人が失敗しないための、自己啓発の手引き

 私は自分のうつ病を克服するために、脳科学、心理学、ビジネス書をたくさん読んできました。

自分の体験と専門家の知見を組み合わせて、できるだけ科学的根拠に基づいた心が軽くなる方法をブログに公開してます。

そんな私ですが、過去に自己啓発に傾倒していた時期がありました。

効果がなかったわけではありませんが、本に書かれているような

億万長者で
女をハベラせて
全てがサイコーハッピー!

みたいな状態にはなってませんw 


それでも、現実的なラインでそれなりに結果出してます。

ブログで31万PVを達成し、Twitterのフォロワーは7900人を超えてます。(2018/05/14現在)さらに、ブログだけで同世代より収入は多いです。

うつ病ブロガーとしては、日本一影響力があるとメンタルヘルス系の企業の人に言われたこともあります。

うつ病ながらここまでやれているのは、自己啓発で自分を高めてきたおかげだと思ってます。

が!ただねえ…自己啓発は失敗しやすいんですよ。

そりゃそうです。自己啓発に代表される引き寄せの法則なんつーのは、うつ病人にとって最悪ですよ。

ネガティブを引き寄せてるのは自分の思考

=うつ病になったのは自分が悪い

=うつ病は甘え

みたいになりがちなんですからw


で、なぜこのnoteを書いているのかと言うと…

自己啓発に救いを求めているうつ病人を始めとするメンタル超弱い人たちに、私の自己啓発研究経験をお話するためです。

さっきも言ったように、うつ系の人の話を聞いてると、いきなり引き寄せの法則なんて始めちゃって壁にぶつかってる人が多いんですよね。

自己啓発は上手に使えば心の支えになることもあります。

普段は、非科学的なことは言わないようにしてるので言ってませんが、私の愛読書の中には自己啓発書が何冊かありますからw 今でも支えてもらってることは事実です。


ブログに書かずに「noteで有料」にするのは、

本当に必要な人にだけ読んでほしく、

長文で、

非科学的なこともたくさん書いてる

からです。

うつ病人向けに書かれてますが、メンタル超弱い人にも該当する話になっていますので、うつ病でなくても読めますw

それと、以下のアンケートの36%に該当する人は自己啓発のイメージがちょっと良い方向に変わるかも?しれません。

ちなみに、私が実践していた、ネガティブな自分を変える方法もここには書いてます。

ネガティブな自分が長く続いていると、心と頭を少しずつ蝕んで行って、落ちるところまで落ちてしまうんですよね。


冒頭でもお話したように、うつ病系のツイッタラーの中で個人としてはフォロワーが多い方(7900人超え)なので、日々クソリプが飛んできます。

アカウントをのぞいてみると、ネガティブがごっそりこびりついて長い人は、若い時からうつで、10年、20年と患っていることが多いです。

もちろん、そういう方も前を向けば大丈夫なんですが、本人が頑なに拒否しちゃうんですよ。


人間は変化を恐れるものなので、たとえ不幸から幸福に変われるはずでも「低め安定」を望んだりするのです。

私もうつ病ひどかった時期があるのでわかります。あまりにも夢も希望もない時期なんですよね。これが長く続くというのは地獄ではないでしょうかね…。

私の経験から言えるのは、どっぷりとこびりついたネガティブな姿勢からは、早めに脱しておくと治療も早くなるはずです。




もくじ

第1章:自己啓発の基礎知識
第2章:うつから回復した人は自己啓発をやっている
(意識してるかは知らんけど)
第3章:メンタル超弱い人が自己啓発に取り組むには
第4章 : 自己啓発を行う上での注意点
第5章:効果があった、ポジティブ脳に変える方法
おわりに


第1章:自己啓発の基礎知識

顕在意識と潜在意識

意識と無意識といったほうが分かりやすいかもしれません。

オーストラリアの精神医学者、ジークムント・フロイトが提唱したことでも有名ですね。

人間は無意識が8割〜9割と言われてます。

まぁ、何を持って無意識と判断するのかよーわからんので、科学的ではないかもしれません。


ただ、私たちの生活では無意識はたくさんあります。

極端な例だと、呼吸ですかね。

息を吸って吐いてってのを意識してる人は少ないかと思います。たとえうつ病でも呼吸困難に陥るってのは薬のアナフィラキシーショックぐらいでしょうから。

何も意識していないにも関わらず、呼吸して生きていることができるのは無意識がやってくれてるおかげです。


んで、これを曲解して…というと言い方悪いですが(笑)

潜在意識(無意識)に自分はダメなやつだという思想がこびりついていると、何をやってもダメなので、まずは潜在意識に「できる自分」を叩き込みなさい。

ってのが、たいていの自己啓発書で語られているところです。


いきなり胡散臭い感じの話をしましたが、以下の漫画を見ると納得できると思いますよ。

人は他人にレッテルを貼られたり、自分で貼ったりすると、そういう人間に近づいていきます。

つまり、「ダメな自分」だと本気で思い込むと「本当にダメなやつになる」ってこと。

逆もまた然りなので、これは上手に利用していきましょう。


自己啓発にもいろんなタイプがある

とはいえ、潜在意識に自分を叩き込め!!とあからさまに記述しているものもあれば、意味合いはコレなんだけど、言葉を濁して書いてるやつもあります。

1.願えば叶うスピリチュアル系タイプ
2.潜在意識に叩き込んで行動を促す体育会系タイプ
3.タスク管理等のデータ分析をしまくる理系タイプ
4.自分を受容させることに特化した癒やしタイプ

うつ病人が実際にハマって失敗するのは、1と2のタイプ。

この続きをみるには

この続き:8,302文字/画像7枚

メンタル超弱い人が失敗しないための、自己啓発の手引き

ほっしー@メンタルハッカー

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートより、SNSでシェアしてもらったほうが嬉しいです!ww

スキありがとおおおお(´;ω;`)
7

有料記事

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。