noteであえて長編を書いてみたい

私がnoteをはじめてから、ずっと、思い込んでいたことがあります。それは「長編小説は、noteでは読みづらい&読んでもらいづらい」ということ。

私自身、noteで長編小説を書かれている方の、第46話とかがタイムラインに上ってきているのを見て「こういうところからは、読めないなあ」と感じ、自分で一番いままでに長く連載した「洋食屋ななかまど物語」も11話で完結しました。

私自身、いままで長編が書けなかった、という理由ももちろん短編で終わらせていたことからうかがえると思うのですが、これからは、本当はどんどん長いものを書いていきたくて。

それで、自分の幅を広げるためにも、WEB小説を広く知るためにも、カクヨムとエブリスタでも、作品の公開を始めました。

noteは大好きですが、カクヨムやエブリスタは、やはり、ストック形式で、1話ごとに積み重なっているので、長編小説を読んでもらいやすい土壌が育っていると思います。

それで、今note・カクヨム・エブリスタの三サイトで連載中の「冬嵐」ですが、最初は何の気なしに始めたものの、ゆっくり時間をかけて、ちゃんとしたそれなりの長編として書き上げたいという気になってきました。どんなに短くてもななかまどくらいの長さ(3万5000字くらい)にはせめてしたいです。

応援してくれてる方々のおかげです、ありがとうございます。

冬嵐がどの程度の長さまで行くかわからないのですが(いま7話まで更新で約1万字)、考えているのは「長編小説をnoteで連載することを、もう自粛しない」ということです。

いままでは、読み手のことを考えて「やっぱりどんなに長くても10話くらいまでが読みやすさの妥当ラインでしょ」という考えだったのですが、やっぱり長編を修行したい身としては、もっと長いものが書きたい。

たとえそれで、PVが落ちたとしても、読者の方が「ついてこれないよ」ってなっても、私は今後やっぱり長い作品にチャレンジしていきたい。

というわけで、まずは冬嵐を、構想・執筆にきちんと時間をとりながら、ゆっくりじっくり完成させてみたいです。

天花寺さやかさんが、Twitterとかで「書籍化希望!」って大変大きなことを言ってくださって、そんなレベルじゃないよ~、とありがたく思いながらも、穴に入りたくもなるのですが、本当に、一冊の本として十分なボリュームで、長編を書けるようになりたい身としては、noteで長いものを連載するっていう新しいことにチャレンジしてみたいんです。

冬嵐が私の作品のなかで、特別良いだなんて思ってはないけど、せっかくここまで書いたし、できるだけいい作品にしてあげたい。

PV数が落ちたり、ついてこれない人が出るのは覚悟の上なんで、それでもやってみたいと思えました。

noteは、いろんな人が、いろんなチャレンジや実験を、自分の記事でされていて、そういうところが大好きです。

というわけで、ゆるゆるペースながらも、冬嵐、がんばって書いていきたいので、お付き合いできるところだけでも、お付き合いくださると作者は嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

小説・エッセイ・短歌書いてます。よろしくお願いします♡
49

ほしちか

green days

ほしちかのエッセイを集めたマガジンです。
1つのマガジンに含まれています

コメント12件

福岡妄想日記さん わーい、完結を待ってくださっているのですね。大変ありがたいことです。自分のペースで読みたい気持ち、たいへんよくわかります。なるべく、良い作品に仕上げて、福岡さんに楽しんでもらえるよう、尽力します!
>noteを四年続けてやっとフォロワーさんが1000近くになってきましたので、

え!noteって、そんなに前からあったんですか!
mixiの会員番号が100番台、facebookもtwitterもサービス初日に始めたり、情報収集には自信があったのですが、なぜかnoteは今年の6月末まで知りませんでした。

僕、思うんですけど、noteの人達が一致団結すれば、自分たちで商業出版も不可能ではないと感じています。
取次に口座を開けば、出版社の出来上がりです。
書店営業は、そうした会社にアウトソーシングできます。

そして、盛り上げるのはnoter達が力を合わせてやっていけば、不可能な話じゃないと思うんですよね。
大村あつしさん noteはたしか、2014年4月に誕生だったと思うんですよね。私は2014年の7月に始めてます。本当に当時は人が少なくて、古株の人はみんな知りあい、みたいなほのぼのとしたサイトでした。noteは何度かいっぱい人が入って来るブームみたいのがときどきあって、イケダハヤトさんやはあちゅうさんが入ってきてから、ブロガーの人がごそっと増えて、だんだん今みたいなちょっと意識高め(揶揄ではないです)な雰囲気になりました。私は掌編小説からはじめて、短編、中編と、だんだんnoteを続けたおかげで書けるようになってきたんですよね~。

一致団結して商業出版、すごい提案ですね。でも、いろんな可能性があるサイトだと思うので、そういう日が来るのも夢ではないかもしれませんね。
僕の行動力の源泉となっているのはレコード大賞受賞曲の『また逢う日まで』です。
CMソングとして作曲するも不採用。
しかし、メロディーの美しさに心惹かれた村上司さんがその曲の売り込みを引き継ぎ、とある歌手でリリースするも不発。
それでも諦めずに、歌詞を書き換えて、尾崎紀世彦さんを口説いて大ヒット。

もちろん、賞に応募するのも立派な作戦ですが、人間、40歳を過ぎるととてつもない速さで1年が過ぎていきます。
だから僕は、自尊心をボロボロにされても売り込みを続けました。

ほしちかさんのおっしゃるとおり、最後にモノを言うのは知名度です。
世知辛いですが、それが現実です。

ただ、noteは、こうしてほしちかさんと知り合うことが出来ましたし、SNSとしては素晴らしい場所だと思います。
今は、このnoteで何ができるのかを考える毎日です(*^^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。