見出し画像

自分の感性を信じてその先へ

私のセンス、とがってないな。
ときどきそんなことを思う。

音楽はもちろん米津さんやあいみょん、宇多田ヒカルのようなメジャーどころも聴くし凄いなあと思っているけど、偏愛しているのはゆずや奥華子ちゃんだ。

とくにゆずのまっすぐで温かくてピュアな歌詞に、いつでも癒され元気をもらっている。そういう「ウェット」で「ぬくもりのある」言葉を求める気持ちは、12歳くらいのころからずーっと変わっていない。

物語を書いてみて、自分の書くもののテイストが決まってくると、ますますそう思うようになった。

私のセンス、だっせえな。
そう思うことはしょっちゅうだ。

文芸や音楽の世界では、とがったものや、ハイセンスなものが、やっぱりかっこいいんじゃないか。

自分の中に、そういう偏見がある。(あえて偏見といいますが)

だけど、15歳のときに夏色を初めてきいたときから大好きだったゆずが、あんなにも飛ぶ鳥を落とす勢いで、どんどんメジャーになっていったように、奥華子ちゃんのピュアで優しくて切ない恋の歌が、多くのファンを獲得してきたように、優しいとか、純粋とか、そういうセンスも、誰よりも自分自身がもっと評価していいと思った。

根底にある「優しさ」や「ピュア」をベースにしつつ、作風を広げていきたいと思う。本当はミステリやサスペンスにだってチャレンジしてみたい。

そうして、文章の美しさを、もっと磨いていきたい。

ちょっと最近noteの更新がとどこおっていますが、私は元気なので、ご心配なく。

また、次のnoteでお会いしましょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

小説・エッセイ・短歌書いてます。よろしくお願いします♡
49

上田聡子(ほしちか)

小説・エッセイを書いてます。日々のささいなことに光をあてて、温度のある言葉をつづりたい。Amazonkindleで掌編集「言の葉の四季」発売中です。https://goo.gl/EDhBTs  連絡先:satoko_nagai_0328@yahoo.co.jp

green days

ほしちかのエッセイを集めたマガジンです。

コメント2件

おはよう!
奥華子ちゃん、実はメジャーデビュー前かな、私の実家の最寄り駅で路上ライブしてたのね。私は名前も華子ちゃんの歌もその時初めて知ったんだけど、顔の愛らしさはもちろん、行き過ぎる人々に自分の歌を届けようとキーボードを懸命に、でもとても楽しそうに弾く姿に、素直に「カッコいい!しかも加えてかわいいって、ちょっとズルいな」(←ポジティブな意味でね)って思ったんだよね。その場でCDを買って、自宅でずっと聴いてたなぁ。
華子ちゃんの歌声をテレビなどで耳にするようになってから、なんだか自分ごとのように嬉しくて🍀
たぶんなんだけど、自分が「好き」だと思うコトモノヒトをまっすぐ好きだと思えることも、大切なのかなって思うんだ。それが何かしら(創作含め)の原動力になったら、とても素敵なことだよね🤗✨
こことちゃん おはよう!奥華子ちゃんとこことちゃんにはそんな素敵エピソードが…聞いてて感激しちゃったよ。すごく彼女キュートだよね。私も路上ライブ、ぜひ見てみたかったなあ。コンサートに一度行ったことがあるんだけど、透明な歌に魅せられてしまったよ。またぜひ行きたいと思っています。

そうだね、スキと思えること、ずっと大事にしていきたい。こことちゃん自身やこことちゃんの作品についても、私はそう思っているよ。これからも、楽しく創作をしていこうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。