見出し画像

【掌編】君と暮らせば

二人の暮らしは、新しい町で始まることになった。籍を入れようと思っていた矢先に、夫の祥太に辞令が出て、福井に住むことになったのだった。私も夫も、それまでは関東の実家暮らしをしていたが、引越しを機に、知らない町で、二人の結婚生活が始まった。

新居は2LDKのわりと広い物件を押さえたが、まだ部屋のどこもかしこも開けてないダンボールばかり。さっそく赴任先の職場へ挨拶に行ってしまった翔太の代わりに、私はせっせと荷解きをしていた。台所用品と書いたはずのダンボールが見つからず、私はタオルでにじむ汗をぬぐった。

まだカーテンをかけてない居間からは、大きなガラス戸を通して、しらじらと明るい満月が見える。ちょっと休憩、と思ってベランダに出ると、生ぬるい外気に包まれた。もう夏だ。ペットボトルのお茶も飲み干してしまったし、ずっと作業をしているので腹がすく。疲れたなあ、と思ったところで、玄関から物音がした。

「麻理恵―、ただいま。牛丼とビール買ってきたよ」

祥太が帰って来たのだ。しかも夕食まで買ってきてくれたとは、なんて気が利くのだ。私はベランダから居間へと戻り、ガラス戸を閉めてエアコンの電源を弱めに入れた。熱い牛丼をかきこむと、きっとまた汗をかいてしまうから。ひんやりした冷房が部屋に入り始めると、翔太も「ああ、涼しい」と嬉しそうに言う。

「課長と部長に挨拶してきた。麻理恵の持たせてくれた一口ゼリー、みんな喜んでいたよ。しばらく引き継ぎと研修だな。家のこと、まかせてしまってごめん。土日になったら、俺もやるよ」

「ありがとう。休日になったら、町中も見に行きたいね。おいしいお店も探したいし、何より、銀行とか病院とか郵便局の場所を押さえておかないと」

私たちは、段ボール箱を簡易テーブルにして、翔太が買ってきてくれた牛丼を食べ始めた。ビールは冷え方がいまいちだったけど、喉がかわいていたので、カンパイもそうそうに、一気に飲み干してしまう。卵がからんだ、柔らかい肉と、ごはんの相性は抜群で、そうだ、いまこれが食べたかった味だ、と思う。

知っている人は一人もいない町で、私たちの暮らしが、一日一日積み重なっていく。左手薬指にはまる指輪は、翔太と一緒に選んだもので、いつの間にか私の日常に、ひそかに馴染んでいる。最後のひとつぶまできれいに食べ終えると、私は「ごちそうさま」と手を合わせた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

コメントも歓迎します!あなたのページも見に行きたいな。
44

上田聡子(ほしちか)

小説・エッセイを書いてます。日々のささいなことに光をあてて、温度のある言葉をつづりたい。Amazonkindleで掌編集「言の葉の四季」発売中です。https://goo.gl/EDhBTs  連絡先:satoko_nagai_0328@yahoo.co.jp

いつもそばに

ほしちかの掌編すべてを集めたマガジンです。

コメント6件

今回も素敵な作品をありがとうございます!引っ越しのあとの様子や若い二人の間に流れる思いやりに、忘れていた感情が甦えってくるようでした。
lireさん 温かいご感想とっても嬉しいです!最近引っ越しをしたばかりだったので書きやすかったです(笑)思いやり、大切…!
15年くらい前にほとんど同じ経験をしました。昔の私のことを書いてくださってるのではという錯覚さえしました。素敵な文に巡りあえて幸せです。
ゆいこさん ほとんど同じ経験ってすごい、嬉しい。このつたない文を、素敵と言ってくださってとても幸せです。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。