やるべきことをやっているのか

いつも素敵なコラムで楽しませていただいている、noteのkoalaさんが、300枚の原稿をお書きになり、賞に出されたという投稿を拝読して「ほんとうにすごいな」と触発され、また感銘を受けた。

「ただいまnote 長編出せました」

普段のコラムなどで、小説や文章についていろいろドヤ顔で語っていながら、100枚の分量をいまだ書いたことのない私は、思わず穴に入りたくなった。

ちょっと話は横路に逸れるのをご容赦いただきたい。noteの「コンテンツ会議」を毎週提出させていただいているが「何かを評する」というのはすごく難しく、よく「私なんかが、何かについて断定口調で語っていいのだろうか」と考えてしまう。

コンテンツ会議で選んでいただき、広く読まれると、フォロワーさんが増えたりするので(ほんとありがとうございます)その増えたフォロワーさんが小説も読んでくださらないかな…という策略ありきの、コンテンツ会議への投稿であるが、書けば書くほど、難しい。

何かについて、断定して書くことは、書いたことの枠の外にあるそれ以外の何かを、切り捨てることでもある。

コラムって、私が書くとそういう断定口調になりやすくて「あれれ、ドヤ!って言いきっちゃったけどこれでよかったかな、誤解を生まないかな」とあとからもやもやしたりする。

かといって「ああも考えられるけど、こうも言えますよね」みたいな全方向に配慮した文が、おもしろかったためしはない。

という、実は難しい「評する」ということなのだが、今の時代、つくられたコンテンツ、プロダクト(商品)に「評する」ということは、おそろしく簡単になった。

ネットを開けば、誰かの書いたレビューをすぐに確認することができ、私たちは買うか買わないかを決められる。

でも、koalaさんの投稿を読んで、はっと考えさせられたのだけれど、評する気楽さに比べれば「つくる」ことはものすごく、ものすごく大変なのだ。

気楽に私たちがレビューを書く、小説にしても、掃除機にしても、飲食店の味にしても、想像をはるかに超える手間がかかっている。

手間がかかって、その商品は世に送り出されているのだ。

だから「つまんなかった」「使えなかった」「美味しくなかった」って書くのは簡単なんだけれど、せめてその商品を真剣に開発した誰かがいることを、想像してから書けないものだろうか。

その商品をよくしよう、という思いがあっての、根底に愛のある批評や批判はとても必要なものだ。だが、ただ自分では何もやっておらず、ただけなすだけ、の人というのも世の中にはいて、自戒をこめて、自分がそういう人になってはいけないと思う。

何を言いたいかというと、私も、自分の小説を、もっともっとまじめに書こう、とそう思ったということです。書けば書くほど、難しさ、己の未熟さが身に沁みるので、自分のしんからやりたいことに向かいあうのはつらい。でも、やるべきことから逃げて、ほかの人の評ばかりしていたらいけないと思いました。(コンテンツ会議を書かないという意味ではないですよ。コンテンツ会議は素晴らしい企画なので、これからも応募します。いつもありがとうございます)

7月8月は、私も賞の原稿を書きます。noteも、その合間に、ちょくちょく更新したいと思います。またどうぞよろしくお願いいたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

よかったらゆっくり見て行ってください。
53

ほしちか

green days

ほしちかのエッセイを集めたマガジンです。

コメント6件

素敵なご紹介ありがとうございます!評すること、つくること、少し違う難しさがありますよね!私は評するものはあまり書いていなかったのですが、最近書いてみたいという気持ちがふつふつと起こってます(o^^o)それはhoshichikaさんがいつもコンテンツ会議に出されているのを読ませてもらったから、持てた気持ちなんです♪これからも楽しみにしています^ ^
koalaさん このコラム、今日のおすすめに載りました。ますます応援される書き手さんになられますように!私もがんばるぞ~!コンテンツ会議楽しいのでぜひ書かれてみることをおすすめします。楽しみです!
こんにちは、はじめまして。
とても素敵な記事です。とても自分の中に響きました。
ありがとうございます。^^


赤城春輔
赤城さん コメントありがとうございます!そのお言葉、嬉しかったので心に留めさせていただきます。またよろしくお願いいたします(*^^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。