「満たされる」感覚って大事かもしれない

最近「満たされている」って自分を思えるかどうか、ってすごく大切な感覚だと思ってきました。

「食べているのに満たされない」⇒過食して太る

「結婚しているのに満たされない」⇒不倫して家庭が壊れる

「ものがたくさんあるのに満たされない」⇒買い物しすぎて家が散らかる

などなど「すでにあるのに満たされない」感情を持つと、人生にもトラブルを抱え込みやすくなる傾向があると思います。

世界には選択肢がたくさんあるので「目の前にあるもので満たされる」ことは、人によっては難しいこともあるかもしれません。でも「満たされる」は心の問題なので、心を上手く自分で整えることさえできたら、人生がぐっと生きやすくなる気がするんですよね。

私の心も、昔は穴のあいたバケツみたく「満たされない」感覚があったんですが、最近その穴がふさがってきたように思います。

でも、どうやってふさがったかというと、心の持ちようひとつなんですよね。持ちようひとつ、っていうと難しいですけど。

やっぱり人は「満たされてない」ひとを素敵とは思わないんじゃないでしょうか。「満たされてまんまる」みたいなひとの周りに、ひとは集まってくる。このことに気付いてから、私は少しずつ「目の前にあるものに感謝する」ということができるようになってきた気がします。

「満たされてないよ、ほしいよ、もっとほしいよ」っていうクレクレの人よりも「まわりにあるものに感謝してます。私満足です」という人のほうが素敵なんじゃないかと。個人的には。

ハングリー精神がだめってこととは違いますよ。向上心があるのがだめってことでもない。そうじゃなくて、自分に足りないものを人や何かで埋めてもらおう、っていう姿勢が、少しかっこ悪いんだと思います。自戒もこめて書いています。

自分がちゃんとある人が、自信という足場をきちんと組んだうえで、外に求めていくことは何らだめではないと思います。

「満たされる」ことが上手にできるようになってくると、食べすぎて不快なのにまだ食べたいとか、パートナーはいい人なのに、それ以外の異性と本気で浮気したいとか、必要ないのに買わずにいられないとか、そういうことがなくなってくると個人的には思ってます。

私もまだまだなんですけど、昔よりはちょっとずつできるようになってきたかなって感じ。

「満たされる」感覚、あなたにはわかりますか?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

よかったらゆっくり見て行ってください。
126

ほしちか

green days

ほしちかのエッセイを集めたマガジンです。
2つのマガジンに含まれています

コメント10件

ものすごく納得しました。丁寧に生きたいなぁと改めて思いました。多分そうすれば気持ちが満たされると思うので。
かねきょさん 丁寧に生きるって大切ですよね。忙しい日々の中、おろそかにしがちですが。心満たされる瞬間を大切にしていきたいものです。
「本当にしたいこと」って、意外に自分から見えてなかったりするんですよね。「本当はしたくないこと」も。。。
「満たされている」「もうすでに持っている」という感覚はとても大事ですね。この感覚があると時間に追われることもないし人にやさしくなれます。僕も昔は他人と自分の比較ばかりしていて、いまのような気持ちにはまったくなれませんでした。目的を達成することや収入が増えることに生きがいを感じていたんですが、歳をとるにつれて人が離れていくことや、心の余裕がないことがむなしく思えていきました。そこからアドラー心理学をはじめたくさんの自己啓発書を読みました。何が自分の幸せかはその人しだいですが、どこまでいっても満たされない感情を追い求めるよりも、いまある現実に感謝して生きていく方が合理的で充実した日々を送れるなぁと思いますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。