本を書くのは苦しいけど楽しい

いま、少しずつですが「洋食屋ななかまど物語」と「冬嵐」の個人同人誌化を進めています。

こうして、ちまちま校正をしたり、本のカバーとして使うフリー素材を選んだりしている時間はとても楽しいです。

今年の文学フリマ金沢も、出られるかどうかはまだ未定なのですが、本ができたらnoteで販売をまたしますので、みなさんお手にとっていただけたら嬉しいなあ。

自分の書いたものが、同人誌であっても、本の形になってこの世に生まれるのは、震えるほど幸せなものです。

私はよく自分で制作した同人誌をにまにま笑いながら布団の中で読んだりして、夫に「笑ってるw」とつっこまれるのですが、本当に、これ幸せで。

私、小説書くのは決して得意ではないので、いつも書けないときは苦しくて投げがちになってしまうのですが、最後に作品になったそのかたちを見ると、ああ、やっぱり書き続けないとなあ、って思うのですよね。

商業出版はひとつの大きなゴールかもしれないですが、自分ですべて考えて本をつくる喜び、ってあって。

つたないけれど、やっぱり素敵に楽しいものです。

私は、自分も含めて、商業出版まで届かなかった作品を、もっとみんなが気軽に本にできて、そういうものを、うまく物々交換したりだとか、広く知ってもらえて、手に取ったりできる、そういう世の中が来ればいいなあと思います。

本をつくるのは、苦しいけど、素敵に楽しいです。

ほんとうに。

昨年つくった二冊組の短編集、まだ在庫あるんで、欲しい方はどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも温かい応援をありがとうございます。記事がお気に召したらサポートいただけますと大変嬉しいです。いただいたサポ―トは作品集の自費出版費用として使わせていただきます。ここnoteや文学フリマで作品集は販売いたします。よろしくお願いいたします!

コメントも歓迎します!あなたのページも見に行きたいな。
56

ほしちか

green days

ほしちかのエッセイを集めたマガジンです。

コメント1件

ものすごいわかります! やっぱり形になると嬉しいですよね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。