見出し画像

イラクにいってきた② 2018冬イラク旅行~エルビル市内散策中心部//城塞・広場・バザール・安宿情報~

イラクに行ってきた。
そう言うと、戦場カメラマンにでもなったのか!と言われた。
とんでもない。日本でのイメージとは全く違い、ホノボノとして、みなフレンドリーである。
そんなイラク クルディスタンエリアの、今回はエルビル市内の中心部の散策旅行記を書いていきます!

●エルビルの市内概略

エルビル市内は放射線状に街が形成されています。中心には世界遺産にもなっている「エルビル城塞」があります。
城塞の南部には広大なバザール、そして噴水広場があり、エルビルのなかでは一番活気のあるエリアとも言えます。

外環にも街が広がっています。
空港近くにあるAnkawaはイラクのキリスタンが住んでいるエリアになっています。教会も点在していて、クリスマスには街のお店にクリスマスグッズが陳列されていました。

またイラクのなかでも最大級のショッピングモール、「Family mall」も街の外環にあります。写真の一番右側端の緑ピンです。


●市内の移動方法

観光で訪れた場合、タクシー移動が主となります。車社会ということもあり、たくさん走ってます。行き先を伝えて値段交渉して出発です。
日本円にして市内移動は300円、Family mallなどの外側になると500円程度です。英語はあまり通じませんでした。

●エルビル城塞

街の中心に堂々とそびえ立つのがこのエルビル城塞です。

なんと世界遺産にも登録されているのです!

城塞のある区画は他の場所よりも高いところにあるので、城塞に登るとエルビル市内が一望できます!また城塞中央には大きな国旗がなびいていました。

イラクの国旗ではなく、クルディスタンの国旗が掲げられています。今回巡ったエリアは半数以上がイラク国旗ではなく、クルディスタンの国旗でした。イラクの国旗を見かける方が断然珍しかったのです。


●噴水広場



エルビルで一番栄えている場所で人混みのある場所です。

場所は城塞の南側です。

ここがイラク??
そうですね、日本でのイメージとは全く違います!とても穏やかなのです。
今回イラクに到着したのが12/25クリスマス。
「今日と明日はクリスマスさ!」とのことで、厳格なイスラームと思いきや、噴水広場には立派なクリスマスツリーが置いてありました。

ツリーの前では写真撮影で盛り上がってました。


●エルビル大バザール

同じく城塞の南側にはエルビルの大バザールがあります。日曜雑貨がメインですが、外周には現地のお菓子やCD、アレッポ石鹸(シリア産)などお土産に持ち帰れそうなお店が並んでました。またケバブなどの食事がとれるお店も多くあり夜まで賑わってました。

イスラーム圏によくある、welcome!どこから来た!俺の写真を撮れ!お茶を飲んでいかないか!というフレンドリーな絡みがかなりあるので、全てに反応していたら、一周するのに一時間以上かかり、まったく歩き進むことができませんでした(^^;

●エルビルの安宿情報

エルビルのホテルは意外にも高いです。そもそもBooking.com等から予約できるホテルが少ないのです。また中心市街地付近のホテルがインターネットからほとんど予約できなかったので、現地で探してみました!
すると、現地の人からバザール外周に安いホテルがたくさんあるからそこにいけ!と言われました。(そのときにオススメしてもらったホテルと、そのオーナー?)

たしかにバザール外周にはたくさんホテルがありましたので、現地で探しても問題ありません。
日本人御用達の宿Mercy Hotelは中心市街地から離れているので、個人的には使い勝手があまりよくないように思いました。ただ英語が通じる点、また停電も少なさそうなので、離れていることが問題なければ良いと思います!


↓Mercy Hotel予約↓
https://booking.com/s/tokyo032
(新規登録の場合2000円分クーポンが発行される特別リンクです!)


ほとんど外に出て、ホテルは寝るだけなので、現地で安宿を探しました。

疲労満天でホテルに戻ったのですが、、、俺の写真を撮れ!!といういつものコミュニケーションがはじまり、結局入室まで1時間もかかりました。。笑

このような感じで、イラクの人たちは基本コミュニケーションをとるのが好きで、ホスピタリティに溢れています。なので、安心して旅行できますよ!

さて次回はエルビル市内のすこし外側を紹介したいと思います!


●よろしければご覧ください!

●リーマン秘境HOSOのみてきた世界の絶景 フォトストック
https://pixta.jp/@prof1359048
●リーマン秘境トラベラーHOSOのInstagram
https://www.instagram.com/hoso_photography/?r=nametag


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた資金をもとに、偏見の強い国の状況をアウトプットしていきたいと考えています。また情報の少ないエリアへの取材にあてたいと考えます。目標は写真集の発売です。ご協力ありがとうございます。

応援ありがとうございます!
11
【About me】 「偏見の強い国を巡る」がモットー ・アマチュア写真家 ・北朝鮮ファン ⇒金正恩委員長を実際に見たことがあるのが自慢 ・雑誌執筆、写真寄贈実績多数。 ⇒ご依頼下さい 【2018年訪問国】 ⇒中国(うち一回は東チベット)、北朝鮮、インド、イラン、イラク、ドイツ等
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。