見出し画像

乱立するレンタルwifiルーターの最もお得な選び方を比較解説しよう

最近はレンタルwifiルーター業界の躍進が素晴らしいことになっていて、もはや「乱立」と言っても過言ではありません。

一番有名なのはCMや広告を打ちまくっている「UQWiMAX」なのは異論はないでしょう。

「解約違約金なし!」

「月々3880円~パケット使い放題!」

もう何が何だかよくわからないレンタルwifiルーター業界ですが、調べていくうちに選び方の特徴が見えてきました。

本記事ではレンタルwifiルーターのお得な選び方を解説しようと思います。

解約違約金上限が1000円になったのはスマホだけという事実

画像1

2019年10月から、総務省の強烈な指導が入ってくれたおかげで、大手携帯2キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の解約違約金の上限が1000円になりました。

実はコレ、新プランに移行しないと適応にならないのはご存知でしょうか?

うっかり旧プランのまま他社へMNPするとばっちり違約金がかかりますのでご注意ください。

特にドコモユーザーは注意。

ソフトバンクやauは新プランに切り替えるのに縛り契約期間内でも違約金がかかりませんが

ドコモに限っては新プランに移行する際、更新月から2か月以内での以降は違約金がかかります。

これに乗じてというか格安SIMスマホ業界でも「大手」といわれるメーカーも同様に違約金ゼロを打ち出していますが、ドコモ同様に新プラン移行に違約金がかかるケースが多くありますのでご注意ください。

MVNOで違約金ゼロを打ち出したのはサブブランドのUQモバイル、ワイモバ、あとは第4のキャリアとしてスタートを切り損ねている楽天モバイル、NTT系だとOCNモバイルONEあたりもそうですね。

さて、レンタルwifiルーターはというと、縛り期間のあるものとないものが存在します。

総務省の指導もレンタルwifiルーターまでは及んでいません。

ここは慎重に選ぶ必要があります。

知名度抜群の「UQWiMAXだぞっ」はお得なのか?

画像2

冒頭で触れたUQWiMAXは知名度は抜群ですが、料金やサービス面でいうとdどうでしょうか。

<UQWiMAXプラン概要>
月額:3880円
縛り:あり
解約違約金:1000円
初期費用:18000円(端末代15000円+契約手数料3000円)
通信制限:3日/10GB 月間制限なし

解約違約金1000円は確かに安いですし、導入のハードルもかなり低くなりますが、着目したいのは初期費用に「端末代金」が入っていることです。

レンタルwifiルーターの中では端末は「レンタル」のものが多いことを考えるとちょっと…ですね。

また、あまり知られていないですが、WiMAX(au回線)には3日間の通信パケット合計が10GB以上になると通信制限がかかります。

※同様にポケットWIFI(ソフトバンク回線)では1日の通信パケットの合計が3GB以上になると通信制限がかかります。

画像3

また、au回線は遮蔽物に弱い電波網のため、建物の中や地下鉄等ではつながりにくいというデメリットも存在します。

・UQWiMAXより月額料金が安い
・短期間のパケット通信料制限がない
・月間パケット通信料無制限
・初期費用が安い

というレンタルwifiルーターが存在するのです。

知らないなんてもったいないですね。

レンタルwifiルーターはまずは「お試し」で使ってみる

画像4

解約違約金のかからないレンタルwifiルーターは一定数存在しますが

私のおすすめするのは以下の4社です。

画像5

縛りなしwifi(ワイファイ)
SPACE WiFi(スペースワイファイ)
STAR WiFi(スターワイファイ)
FUJIWiFi(フジワイファイ)

レンタルwifiルーターを必要とする人の目安としては

・格安SIMを使っている場合、最低料金プラン+3000円程度の支払いがある

というケースでメリットがあります。

大体、MVNOであれば最低プランのパケット上限が2GBで、パケット容量が最大のプランで13GB程度だと思います。

2GB→13GBにパケット上限をアップすると大体月に3000円程度の追金が発生します。

要するに月間約10GB以上パケットを使用する人にはレンタルwifiルーターを契約した方が月額通信固定費を安く浮かすことが出来ます。

縛りなし期間のないレンタルwifiルーターの選び方

画像6

レンタルwifiルーターの選ぶときは

・自分の通信ニーズを把握する
・損がないように違約金がないものから試しに契約してみる

ことが重要です。

<1日の通信パケットが2GB以内で収まる人>
縛りなしwifiがおすすめ
<1日/3日の通信パケットが3GB/10GBに収まる人>
SPACE WiFiがおすすめ
<月間いくら使っても足りない人/固定光回線の代替品を探している>
STAR WiFiがおすすめ
<月間パケット通信料が20GB以内で収まる人>
フジワイファイがおすすめ
<自分のニーズが分からない人>
フジワイファイの20GBプラン(2500円)を契約する
→足りなければ50GBプラン(3100円)を契約する
→さらに足りなければ100GBプラン(3800円)を契約する 

初期費用こそ掛かりますが、自分のニーズを把握できない人はフジワイファイから契約すると損が少なくなります。

50GBで足りるのであれば上記3社と比べて最安値です。


このようにまずは自分のニーズに見合ったものをレンタルしてみましょう。

そこで自分の必要パケット数が分かります。

さらに

「短期間での制限をなくしたい」

「月間パケット通信量無制限のものがいい」

というニーズが本当に自分にあるのであれば、24か月縛りありのレンタルwifiルーターを検討しましょう。

縛り期間のあるレンタルwifiルーターの選び方

画像7

24か月縛りと解約違約金がある代わりに、

・短期間のパケット通信量無制限
・月間パケット通信量無制限

のレンタルwifiルーターが存在します。

<本当の意味でパケット通信量無制限のwifiルーター>
どんなときもwifi
よくばりwifi
Mugen Wifi

めっちゃwifi

画像8

どれも「クラウドSIM」という仕組みをつかっており、トリプルキャリア対応です。

ドコモ・au・ソフトバンク回線のいずれか繋がりやすいものを自動で選択してくれるため、カバーエリアとしては最強で且つ最も繋がりやすいです。

※よくばりwifiのみソフトバンク回線専用

また、海外でもなんの手続きもなしにそのまま通信できます。

※別途料金は必要

<知名度で選ぶなら>
どんなときもwifi
※25か月目以降は3480円→3980円に値上がりするため注意
<料金の安さで選ぶなら>
Mugen WiFi
※キャンペーン価格で3280円
<初期費用の安さで選ぶなら>
よくばりwifi
※契約後2か月は月額費用無料
<老舗の安心感と違約金の安さで選ぶなら>
めっちゃwifi
※MVNO老舗スマモバが運営

という具合になっています。

整理して考えれば割と答えはシンプルです。

それぞれの詳細辛口レビューはこちらからどうぞ。

まとめ

画像9

以上、レンタルwifiルーターの選び方でした。

CMや知名度にやられると痛い目にあいます。

この手の商品は情報弱者にとってはカモられる可能性が非常に高いです。

契約の際は慎重にどうぞ。

最後に私のレンタルwifiルーターの選び方サイトの宣伝をして終わりにします。

最後まで読んでくれてありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

カワムーラ(ウェブサイト運営者)

ウェブサイト運営事業-グリーンエコーズスタジオ代表。個人事業主×会社員という最近流行りのプロフィールです。ブロガーさん向けの情報を発信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。