時をかけるおじさん 12 / ボケキャラでいてほしい

認知症と診断を受けたものの、二ヶ月に一度通院して薬をもらうだけの状況が、父への十分な治療だとは思えなかった。母が大変なこともわかっていたし、福祉的サポートが必要な時期だと感じてはいた。母ももちろん承知であったはずだけれど、母の想いは娘が思うよりも複雑だった。何よりも「旦那を介護する」というスタンスに、まだ慣れていない、うけいれられない、それが根底にありながら、目の前にある日々をなんとかこなすのみ。そして父は自分が病気でもない、ひとりでなんでもできると思っている。そもそも父は、同世代の人や年上の人があまり好きではないのだ。「リタイヤしたひとたちで集まってお茶を飲む」「カラオケをする」「ボランティアをする」。そういうことに対して偏見が物凄く、到底そんなことをしたくはないといった態度だった。気持ちはもちろん分からなくないからこそ困るのだ。

決して簡単ではない悩みを抱えながら、悪い人は誰もいない、ただただ日々は過ぎて行き、父の病状は進行していった。

                    2017年2月 父の日記より

散歩のときにお酒を飲ませると厄介なことになってはいけないからと、お酒はよく制していた。な〜んでだめなんだよぉ、ブゥ。と口を尖らせる父が書いたものでしょう。娘は多分トイレか何かに行ったんだと思う。

僕はボクという字が書けなくなりました。っていいボケだと思うので今後私も使ってみたいなと思っている。

認知症の症状は、まあざっくりいえば「ボケている」わけだけれど、お笑い的な意味でも父はよくボケている。とはいえ基本的には多分狙っていないわけだから、まあキャラクターだというしかない。ボケキャラ、くらいまででいてくれていれば楽しいひとなんですけどね。

文 / ほうこ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

ほうこ

時をかけるおじさん

65歳、若年性認知症の父は、 今日も過去も未来も星座も行き来している。 そんな、ときかけおじさんの話を、 歌でも口ずさむようなテンションで できれば書きたいなと思っています。

コメント2件

日記の最後の「つれてきませう」の文字がいいですね。それにしても、こうしてnoteに綴るまでに果てしない日々を過ごしてこられたんですね。読んでいると、みなさんの姿がすぐそこに見えているような気がします。
今更な返信ですみません。ありがとうございます。数年を結構勢いよく網羅したので、ようやく今の日々に近づいてきました。笑 なかなか厳しい現実が毎日あるのですが、色々書いていることで、一時期よりも自分の心が少し和らぐ瞬間がある気がします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。