個人開発者のためのSEO入門

個人開発をしているとどうしても機能の実装やデザインばかりに時間がとられがちですが、リリースしたあとは当然ながら集客が大事です。

リリース当初は、SNSやメディア掲載などで話題になりやすいのですが、しばらく経つと一気にトラフィックが減り、集客に困っているという話をよく聞きます。

集客といっても幅広いのですが、ほとんどの人が個人で運営しており、広告などにお金を使うことが難しいのが現状です。

そこででてくるのが、SNSやSEOなわけですが、SNSに関しては個人ならではの細かな立ち回りやキャラ付けが上手な人が多い印象です。

逆にSEOにおいては、既存の情報の多くがメディアやブログ向けのものが圧倒的なので、個人サービス向けはあまりなく、困っている人も多いのではないかと思います。

ですので、今回は個人開発界隈でよく聞く悩みにフォーカスして簡単に解説してみました。

一応、ぼくはもともとSEOをはじめとしたマーケ畑の人間で、いまでこそ開発をしていることも多いですが、SEOをゴリゴリやってた寄りの個人開発者ってあまりいないのかな?と思ったので、ちょっとでも役に立てることがあれば嬉しいなと思っています。

すべてを細かく紹介しているとめちゃくちゃ長くなってしまうので、わからないところがあればTwitterとかできいてください。

ターゲット

集客に困っていて、SEOの知識がなく何からやればいいかわからない個人開発者。

前提→コンテンツがすべて

いうまでもないですが、SEOにおいて最重要なのはコンテンツです。これだけは忘れてはいけません。

コンテンツさえ素晴らしければ、デザインがダサくても、機能が微妙でも評価されます。

しかし、コンテンツといってもテキストが多ければいいというものではありません。

「そのページ(サービス)は本当にユーザーにとって役立つ内容なのか」です。極端な話、本当に必要でユーザーに役立つのであれば、画像一枚でもテキスト一行だけでもいいんです。

この前提を踏まえたうえで、以下では「コンテンツを適切に評価してもらうための施策」を紹介しています。

必須の基本項目

・アナリティクスに登録する

まあこれは説明するまでもないかと。
グーグルが提供する分析ツールです。
もし、がっつりイベントトラッキングとかとりたいなら最初からタグマネージャーにしたほうがいいですね。

https://www.google.com/analytics/web/?hl=ja 

・サーチコンソールに登録する

グーグルが提供するサイト運営者向けツールで、主に検索結果でのパフォーマンス分析ができます(界隈ではサチコともいいます)。
簡単にいうと、アナリティクスがユーザーの動向がわかるのに対して、サーチコンソールはグーグルクローラーの動向がわかります。

意外とサチコに登録してない人が多いのですが、正直めちゃくちゃ重要なんで絶対最初に設定しておきましょう。

アナリティクスで見ることができない(できなくなった)検索クエリ(どんなキーワードで検索してサイトに訪れたのか)を見ることができるほか、被リンクの詳細やサイトマップの管理ができます。現在、新サーチコンソールに移行中で、一部機能が使えなかったりするのですが、どの機能も重要なので自分なりにいじくり倒してみてください。

SEOをやっている人にとってはアナリティクス以上に毎日見る重要なツールです。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

・見出しタグの最適化

見出しタグとはいわゆるh1とかh2とかそういうやつです。コーダーとかフロントエンドあがりの人は問題ないと思いますが、バックエンド中心にやってきた人はけっこう忘れがちです。全く使われていないのもよくみますし、階層の順番が正しくないことも。

特にh1は、グーグルにそのページのキーワードを伝えるために重要な役割を果たします。

対策キーワード(&そのページを表すタイトル)を含めた上で各ページ必ずユニークなものになるようにしましょう。

参考:【HTML】見出しタグの使い方を解説!h1〜h6の使い分けも【SEOにも重要】

・メタタグの最適化

head内のmetaタグ系も必ずチェックしておきましょう。
なかでもtitleタグは最重要項目ですが、個人サービスだと、全ページ同じtitleタグになっているものをよくみます。
h1タグと同じく、対策キーワードやページタイトルを含めたうえで、必ず全ページ違う内容になるようにするべきです。

CGMなどでユーザーに投稿してもらう(titleタグをコントロールできない)のであれば「どうやったら全ページユニークなタイトルになるのか」を考えて、機能に落とし込みます。

railsならmeta tagsで設定するのが簡単です。

参考:【HTML】メタタグとは?基本的なmetaタグの使い方と書き方を解説【SEO効果についても】

・noindexを活用

noindexというのは、グーグルに「インデックスしなくていいですよ」と伝えるmetaタグです。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

グーグルが一番嫌うのは、中身がスカスカのサイトだったり、ほとんど差分のない重複ページです。
しかし、意識していなくても、CGM系とか大量に自動生成される感じのサイトだと起こりがちです。
内容にもよりますが、これらのページをすべてインデックスさせるのは得策ではないことが多いので、中身が薄かったり、重複しがちなページはnoindexにするなどうまく制御していきましょう(ただし使うときは慎重に)。

質の低いページをインデックスさせないことで、サイト全体の評価があがることも多いです。

・クローラー向けのサイトマップを生成

サイトマップは、ユーザー向けとクローラー向けの2種類がありますが、特に重要なのはクローラー向けです。
サイトマップがないと、クローラーがすべてのページをうまく回ってくれません。

サイトマップは忘れがちなので、必ず事前に作成しましょう。作成した後はサーチコンソールに送信すればおkです。

尚、CGM系の場合は定期的にサイトマップが更新されるようにしておきましょう。
railsなら、sitemapのgemで作成し、wheneverを使って定期的に更新させることができます。

参考:https://qiita.com/tackeyy/items/077f7247309665592112

・構造化マークアップ

構造化マークアップは、schema.orgの仕様どおりにマークアップすることで、検索結果でリッチスニペット表示ができるようになるものです(レビューサイトなら星を表示させたり、パンくずを表示させたりするやつです)。

わりと見逃しがちですが、昨今の検索結果ではCTRをあげるためにもけっこう重要なので、忘れずにやっておきましょう(面倒でもパンくずリストだけはやっておきたいところです)。

マークアップが完了したら構造化データテストツールでチェックしておきましょう。

・内部リンクを意識する

これはSEOにおいてめちゃくちゃ重要なんですが、実はかなり奥が深くて規模が大きくなるにつれ難易度もあがっていくるのでここでは詳しい説明を割愛します。
でもめちゃくちゃ重要!

ようはクローラーが適切に全ページを回れるようにクローラビリティを高めてあげましょうということです。
代表的なのはパンくずリストですね。あとは関連ページなどです。

ページ数が多くなればなるほど、適切にクローラーが回ってくれなくなるので、「全ページにクローラーがいきわたる」ように意識して設計しましょう。

・URLの正規化

URLの正規化というのは、ひとつのURLに統一することです。
通常、SSL対応するとhttpsとhttpが混在したり、www付きでもアクセスができたりとURLが分散してしまいます。

これを統一したいURLにリダイレクト処理をすることで、評価の分散を防ぐことができます。

設定は.htaccessに記述します。
必ずリリース前に行ったうえで、正しいURLをサーチコンソールに登録しましょう。

(例)

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(example\.com)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) https://example.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)
RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ https://%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{SERVER_PORT} 80
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

・モバイルフレンドリーか

スマホ対応はもはや当たり前すぎることですが、SEO的にはただ対応すればいいというわけではありません。
MFI(モバイルファーストインデックス)といって、従来はPC版を基準に評価していたのが、スマホ版が基準になる(なった)からです。
いままではとにかくPCページでガチガチにSEO対策しておけばよかったのですが、これがスマホページの評価がメインになったことでSEO界隈にとって大きな衝撃を与えました。
スマホページは表示に限界があるので、いままではユーザビリティを考えて表示項目をがっつり減らすなどしていましたが、MFIになるとそれが難しくなることがあります。
PCとスマホで大きくページの表示項目(特にリンクやテキスト周り)に差があると、評価が落ちる可能性が高くなるからです(わかりやすいのはパンくずですね。スマホではパンくずを非表示にしているサイトも多いのではないでしょうか)。

今後、SEOを意識したサイトは、スマホページにおいてユーザビリティとクローラビリティのバランスをうまくとっていく必要がでてきます。

・とにかく高速化

言うまでもなくページ表示スピードが速いことは正義です。
ユーザーの離脱を防ぐだけでなく、クローラーにも好まれます。
完璧なSEOでも、表示速度が遅かったらすべてが台無しです。

なにがなんでも高速化にこだわりましょう。

・キーワード選定

正直ブログとかメディアのSEOなら圧倒的に重要であるのですが、個人サービス(主にツールとかCGMを想定)ではなかなか難しいことも多いかなと思います。
ただし、個人サービスでもキーワードを意識できれば集客力は爆上がりします。

まとめ:SEOを意識しすぎないように注意


以上が、最低限やっておいたほうがいいSEO対策ですかね。
規模によってはもっと技術的なアプローチが必要になったり、レベルがぐっとがあがるので、そのへんについてはまた需要があれば書きます。

SEOにおいて注意しておきたいことが「SEOを意識しすぎない」ことです。あくまでユーザーがすべてなのでSEOを意識しすぎてユーザビリティを損なうようなことはしないようにしましょう(例えば不必要にテキストを増やしたりなど)。

もしわからないところがあればTwitterとかできいてください〜!
気が向いたら返信します。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
152

マガジン2

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。