連載 タッチの力 対談/山口 創×有本匡男「触れよう、タッチの力」02オキシトシンとC線維の不思議

この記事は有料です。

日本には「タッチ=触れる、触れられる」の機会が少ない。そんな思いから、日本のタッチ研究の第一人者である山口 創先生(桜美林大学教授)を筆頭に、teateセラピストの有本匡男氏(日本ホリスティック医学協会 常任理事)をはじめとする、タッチのスペシャリストたちが集おうとしています(「タッチの力」を広める協会の立ち上げも、現在進行中)。

そのスペシャリストたちについては、本連載中で今後、紹介していきますが、まずは去る6月28日に行われたコ2【kotsu】トークイベント「触れよう、タッチの力(山口先生×有本氏対談)」の模様を、五回にわたってお届けします。

第二回は、山口先生から、タッチの研究で現在、注目を集めているオキシトシンとC線維について解説をいただきます。

タッチの力


対談/山口 創×有本匡男「触れよう、タッチの力」
第2回 オキシトシンとC線維の不思議

語り●山口 創、有本匡男
写真●コ2編集部


ストレス反応、痛みを和らげるオキシトシン

山口 創(以下、山口) 第一回で、オキシトシンが脳で働く作用としては

・人を信頼する
・母と子の愛着の関係を築く

ことがあるとお話ししました。オキシトシンには加えて、別名「幸せホルモン」とも呼ばれるように、幸福感を高めるといった作用もあります。

では、身体ではどのような働きがあるか? というと、特にストレスがかかったときに、その影響を受けにくくする効果があります。
少し専門的になりますが…。ストレスを受けると、身体にある「HPA軸(視床下部-下垂体-副腎系: hypothalamic-pituitary-adrenal axis)」が活性化します。

この続きをみるには

この続き:5,014文字/画像4枚

連載 タッチの力 対談/山口 創×有本匡男「触れよう、タッチの力」02オキシトシンとC線維の不思議

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コ2【kotsu】連載『タッチの力』

タッチ(触れる)するだけで心と身体が癒やされる。そんな「タッチ」の力を、日本のタッチ研究の第一人者である山口創先生(桜美林大学教授)をはじめ、セラピストの有志が集い、その具体的な方法と仕組みをご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。