リーキーガット症候群解消法 第6回 果物を摂りすぎる習慣を変えよう

この記事は有料です。

“腸漏れ”が病気をつくる

リーキーガット症候群解消法

第6回 果物を摂りすぎる習慣を変えよう

文●体質研究所主宰 松原秀樹
構成●近藤友暁

前回は、ゆるんだ腸壁=リーキーガットが、肥満や糖尿病を引きおこすことを説明し、またリーキーガットになる原因物質の一つとして「果糖」の弊害について解説しました。

今回は、果糖の摂りすぎで起きるトラブルの続きと、果物に頼らない食生活のご提案をします。


果物の摂りすぎで「脂肪肝」になる?

前回でも簡単に触れましたが、果糖の特徴として、ブドウ糖と違ってすぐにエネルギーとして使われることはなく、肝臓でほぼ100%中性脂肪になって蓄えられるという性質を挙げました。肝臓に蓄えられた中性脂肪も、血液中のブドウ糖を使い果たすような運動や肉体労働をすれば、カロリーとして使われます。

しかし、日常的に運動量が少ない人が果糖を毎日たくさん摂取し続ければ、肝臓にどんどん中性脂肪が蓄積していきます。そうして「脂肪肝」になっていくのです。

この続きをみるには

この続き:6,476文字/画像3枚

リーキーガット症候群解消法 第6回 果物を摂りすぎる習慣を変えよう

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

コ2【kotsu】リーキーガット症候群解消法

体質研究所を主宰する松原秀樹先生による万病の元とも言われるリーキーガット(腸漏れ)を改善方法を紹介しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。