見出し画像

パチンコ漫画家 似顔絵ボランティアをするまでの話

本日、児童養護施設で似顔絵のボランティアを行いました。

私は別名義で似顔絵を描くお仕事や、パチンコスロットの漫画、ポップなどを作るお仕事もしています。

数年前の話です。
パチンコ屋さんで初めて似顔絵を描くお仕事をさせてもらって、私が思っている以上に沢山の方が喜んでくれました。
ご本人、お子さんお孫さんを描かせてもらったり、ペットちゃんも…
皆にっこり笑顔になってくれました。

私の絵がこんなに喜んでもらえるなんて!

そんな嬉しさがあってから、一つやりたいものが出来ました。

「普段似顔絵を描いてもらう機会が殆ど無い病院や施設の人達に、ボランティアで似顔絵を描く事は出来ないかな」

そこから、自分で色々調べて動きました。

ただ、私の経歴は別名義でもウェブ漫画家がメインです。

漫画雑誌に載って紙面を飾れた事もありますがそれも数回のみ。

しかもパチンコスロット漫画家というジャンルです。
世間では「パチンコやる人」扱いになります。

ボランティアをしたくても知名度も無い、身内で病院関係者もいない。自治体の人に聞いたり、友人知人に協力をしてもらい企画書を作ったり、少しずつ似顔絵の経歴を作ろうと自治体のイベントに参加したいと申し出るも「誰か分からない、信用出来ない」と相手にもしてもらえませんでした。

自分でもその通りだなと思いながらも、パチンコスロット漫画家ならばと福祉施設にお菓子を寄付しているホール・ビクトリア観光さんに
https://www.p-victoria.com/

「お菓子を寄付する時に私も一緒に似顔絵を描かせてもらえないか」と頼んでいました。

それをいいよ!と応じてくれたビクトリア観光さん。
初めての事だけどやってみよう!と言ってくれた施設の方。
お菓子を交換して寄付した人達がいるおかげでこれが出来たのも。


皆のおかげで、このことが実現出来ました。

施設の子達はニコニコ可愛くて、笑顔に癒されました。定期的にまた来れる事にもなりそうです!

これが出来たことで、一歩進めた気がします。

帰りにびっくりドンキーに入り、コーヒーとケーキを一人で食べたら、やっと実現出来たことや、ありがとうという気持ちで、嬉し泣きして肩が震えました。

本当に嬉しいです、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ほっとさゆりのnoteはみなさんの優しさで出来ています

嬉嬉嬉
9

ほっとさゆり&ゴルシさおり@育児漫画連載中

娘との育児漫画を連載中。 エッセイ漫画、たまにコラム。 ADHD漫画。あるある、服用日記・ライフハック。 読んでくれた方、ハートくれた方、ちょっとでも気持ちが動いた方。とても嬉しいです。ありがとうございます!

コメント1件

なるほど。ボランティアの似顔絵、考えませんでしたがいいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。