○有料記事【集客運営編】書道教室を長く続けていくための、押さえておきたい大事なポイント1〜5。【その1】

こんにちはリューブンです。
秋田市でしょうじ書道教室を運営しています。

うちの教室は1980年より、秋田市で細く長く続いている書道教室です。

もともと母が立ち上げた書道教室ですが、現在は母と私の二人三脚で書道教室の運営をしております。

私、リューブンは書道教室のみで生計を立てており完全に専業でやっております。

現在、少子高齢化が最も早く進んでいる秋田市という不利な土地柄ですが、

当教室では市内に3ケ所教室を持っています。

大成功とまでは言えませんがまずまずの成績ではないでしょうか。

ここでは、細く長く安定して続けるための書道教室経営の大事なポイント5つを、

書道教室に特化した、きめ細かい目線で説明したいとおもいます。

書道教室は、他の習いごとに比べてもあまり上がり下がりが無く、人の出入り・入退会が激しくありません。

一度入っていただけるとわりと長く続けてもらえる優良な習い事かと思います。

・ポイント1 ○SNSは必須。
・ポイント2 ○指導はやわらかく。
・ポイント3 ○小学生をメインに。
・ポイント4 ○おしゃべりが大事。
・ポイント5 ○月謝はハッキリと。

これら5つのポイントを押さえて、

書道教室の長期安定飛行を目指していきます。

お話の前提として、
・これから書道教室を立ち上げたい
・最近、書道教室を立ち上げたばかりで不安だ
・もうすでに書道教室を立ち上げているが「もう少し安定した教室運営をしたい」

と考えている方向けの記事です。

ある程度長く教室運営をしている方にとっては、既知の内容かと思います。

それでも40代の私から見た、

“現代版の知見”

が多々入っておりますので、どなた様もご覧いただけたら幸いです。
----------------------------------------

お買い上げいただいた方には、質問コーナーを設けて、私ができる限り親身にアドバイスさせていただきます。

その質問&回答を、このノートに追加していきたいと思います。

----------------------------------------

それではよろしくお願いいたします。

この続きをみるには

この続き:9,385文字

○有料記事【集客運営編】書道教室を長く続けていくための、押さえておきたい大事なポイント1〜5。【その1】

しょうじ書道教室

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。