記念写真を撮っていく

定期的に常に、写真を撮る身として

撮った写真を公開して、人に見せること自体を目的とするのはやめようと思いました。変わらず人には見せるんですけど、それが目的ではなく、目的は"撮ること"。撮った時点で目的は達しているような、そういうところを目指そうと思います。

作品にはならない写真を

写真を作品とするためのプロセス以前の状態に留めておこうと思いました。それは、人がただシャッターを押しただけの写真

もっとみる

2019年の撮影

2019年の撮影は、より「そのモデルさんの今を残す」ということに注力したいと思います。今までもそうしてきたつもりなのですが、特に大きく周知することもありませんでした。それを周知したうえで撮影していこうと思います。

そのとき、その場に、ボクがいて、モデルさんがいて、そのときモデルさんがどんな気分だったか。それを残すことが、ボクが写真を撮る動機です。いわば「記念写真」です。それが基本です。なので、芸

もっとみる

【撮影要項】最近の撮影とこれからの撮影

タイトル小難しいのですが、要は「最近こういう撮影してました」「これからはこういう撮影していきたいです」「何卒よろしくお願いします」ということです。

最近の撮影

最近の撮影は、今までの「その人を撮る」ということがより顕著化したような撮影が多かったです。ボクは基本的にはモデルさんからお声掛けいただいた撮影でやっていってまして、撮影のテーマやモチーフ、ネタなどもモデルさんからもらっています。「具体的

もっとみる

1分でわかる hugo ryo

写真歴は20年ちょっと

1998年にデジカメを買いました。当時は学生で、授業や部活、放課後などの生活をたんたんと撮っていました。

ポートレートを始めたのは2016年の夏

最初はこんな写真を撮っていました。

血糊や廃墟写真に転ぶ

ポートレートを撮り始めた次の月には血糊写真を撮っていました。続いて、廃墟風スタジオでの雰囲気重視の写真も撮っていました。

トイデジ部に入部

いおり気高いさんが

もっとみる

ポートレートの次にやりたいこと uncertain.

やりたいことがあるならSNSなんかで言ってないで、しかるべき人に声をかけて、しかるべき準備をしてやっちまえばいいじゃねえかと思っているのですが、自分のやろうとしていることの整理も兼ねて。ちょっと思うままに書き散らします。言葉も、なるべくどういう意味や定義で使っているか書いていきますが、自己流解釈です。

ポートレートは"肖像写真"で、人を人として写し取るものだと思っています。モデルさんを撮るときは

もっとみる

撮影依頼と活動ポリシーについて

「活動ポリシー」なんていうと大袈裟だし(汗)、これまでは「別にわざわざ言う必要も無いだろう」と考えていましたが、ちょっと思うところもありまとめておきます。

ボクの場合、撮影については、ほとんどがモデルさんからお話しをいただいたものです。「撮ってください」と丁寧なメッセージをいただくこともあれば、雑談のなかで「じゃあ今度お願いします」みたいな"話の流れ系"もありますが、とにかくボクのほうからコンタ

もっとみる