ヘッダー用アイコン

創作キャラの人生を思う。

この動画を見ました。すごかった。

上の動画でダ・ヴィンチ・恐山さんとナラハシさんがしていたのはキャラ考察で、オタクはそういうのが好きです。特に好きじゃない人もいるかもしれませんが、僕は好きです。それがしっかりと作り込まれた設定であればなおさらです。

僕自身、シャニマスの知識はTwitterに溢れる二次創作でしか得ていないのですが、それでも十分楽しめました。それほどお二人の説明がわかりやすく、新規の人たちを引き込むような語りだったからです。こういう、公式から明言されていない裏設定を言語化するのは難しいと思うのですが、それをしかも、キャラ設定であれば人の心の情動までもが加わってくるわけで、「誰しもが一度は抱いたことはあるけど、言葉にできるほどわかりやすい感情ではない」感情を言語化するのって、本当に骨の折れることだと思います。それを膨大な熱意でもってやり遂げてくれたお二方には感謝を。見ごたえのある動画でした。

それを踏まえて、仮にも創作者を名乗るのであれば、このまま「面白かった」で済ますわけにはいかないでしょう。僕だったらここで得た知見を自分の創作に組み込めるはず! というか組み込みたい! そんな思いで、今日はキャラ作りに腐心していました。とは言っても、新キャラではなく既存のキャラを、より深く掘り下げようとした、という感じですが。

僕には高校時代からの付き添いで、思い入れのあるキャラクター達がいます。もしいつか書籍化されるのなら、こいつらと一緒がいい。そんなキャラ達が。そいつらを掘り下げていました。

今の時代、ネット上には「キャラの作り方」なんて銘打った講座は山程あります。あるいは、著名な作家さんがインタビューでそういう話をしている時もあります。昔と比べれば創作のハウツーは充実していて、そのぶん深みのあるキャラも作りやすいはずです。彼らがいいヤツらってことは僕が一番知っているので、その人格に説得力や重みを持たせたいと思うのは親心でしょう。今まで集合知を漁って得た知識と、シャニマスに登場するあまりにも等身大すぎるキャラたちを参考に、彼らの人生を僕なりに追っていました。

例えば。千土といういっつもヘラヘラしてて、戦闘には全く役に立たない男がいます。彼には戦部という、正義感に溢れ喧嘩にも強い頼りがいのある友人がいて、誕弾というヘタレで争いが苦手な友人もいます。その三人組のパーティに、ひょんなことからある少女が参加することになります。彼女にとっては三人の知らないおにいちゃんに囲まれ、とても窮屈な状況。さらにそこには、飢えた獣が襲ってくるというのですから、気が抜けません。ここで少女が一番頼っているのは誰でしょう?

普通なら腕っぷしのある戦部です。だけど、少女は千土に懐くのです。なぜって? それは、千土には妹がいて、小さい女の子の扱いには慣れているからです。髪を結ってあげたり歩き疲れた時には肩車をしてやったりと、少女一人では中々難しいことをサラッとサポートしてやれるからこそ、少女はまず一見頼れなさそうな千土を頼るのです。

このように、見た目や表面上では計れないのが人間性で、そのキャラの深みだと思います。そういうものって、リアルな対人関係でも永遠に底が見えないものです。その人の人生をそっくりそのまま追体験でもしないと、というかそうまでしてもまだ、人間一人をまるっきり理解することはできません。それだけ奥深いものに挑戦する創作って、本当に業が深いですね。人のことを理解した気になっているだけでも物語は成立してしまいますし、そうなればそのキャラの真髄とか本当の気持ちって、恐らく永久に理解されないまま忘れ去られていってしまうと思うんです。

それは生み出されたキャラクターにとっては少し残酷で、だけどそんな感傷に一々付き合ってられないのもまた事実。いっそ「キャラはマネキンで、人間のまがい物だ」と断定してしまった方が楽なまであります。

でもたぶん、そういうのに少しでも向き合って、理解しようという姿勢を取ったその時、キャラクターの人生に意味が付与されるのかな、と。ただ量産されて消えゆくだけの命ではなく、一人の人間として尊重されるのではないでしょうか。それはあくまで創作者の中での出来事ですが、理解者がこの世に一人いるのとゼロ人なのでは、あまりにも世界が違って見えますからね。

これを書いている僕にも正しい答えと言うか、今日見つけたばかりの新しい概念を固定する言葉が見つかってないんですが、とにかく言えることは一つ。作者である僕が千土くんたちを大事にしてやらなかったら、一体誰が大事にするんだ。シャニマスのアイドルたち並の深みを持ったキャラ作りをするにはまだ練習が足りない僕ですが、それでも精一杯向き合おうと思います。

君はどんな顔で笑うんだい、千土くん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくれて嬉しいです。
2

藤原(の)コウト@日記を嗜んでいる

はじめまして、藤原(の)コウトです。ここでは主に日記を書きたいと思ってます。なろうもやってます>https://mypage.syosetu.com/801174/ Twitter>https://twitter.com/hujiwaranokouto

毎日更新枠。

ほぼ日記。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。