オンラインサロン儲かりますよね?

12/18
毎度、光の速さでこんばんわ!ツモマー(@mah_tsumo)です!

オンラインサロンやコミュニティって最近嫌でも耳にしますよね。デザイナーの方で所属している人も結構いるのかもしれません。有名どころだと、前田さんや箕輪さんや入江さんのところが目立ちます。

今回はその辺に関して感じていたこと諸々をログに残したいと思います。

デザイナーにとってお金は大切

当たり前のことですが、お金は大切ですよね。仕事をする上で切っても切り離せないもので全員が共通している基準とも言える価値です。

少し前に炎上していたものですが、個人的にアリだなと思っていました。

「15人くらいのデザイナーのコミュニティがあるなら、月額10,000円くらいで、色んなデザイン頼み放題、誰に頼んでもOKみたいなサービス始めるのどうかな?」
こういう意見がtwitterで流れてきました。

正直驚いたのが、これが炎上していたこと自体にでした。

おそらく、みなさんが瞬間的にイメージしたことを一言でいうなら
「10,000円で無限に働かさせる」というもので、デザイナーをなめるな!という炎上の仕方をしていました。

そういう解釈ならまぁ、、、と。

でも、それについて詳細書いてないのになんで決めつけるのが不思議でした。デザイナーだからなのか、twitterだからなのかというのはあるかもしれませんが、まず、運営する側としてはプロジェクト単位で動かせるメリットがあります。仕事もらえないデザイナーが所属して仕事もらえるのも良いですね。

おそらく、文句を言う人たちは普段から交渉をしないのかと考えました。
「このWebサイト50,000円で作って」
「わかりました」
みたいな感じで。

「このWebサイト50,000円で作って」
「内容によるけど、デザインのみ120,000円とかで考えていますがいかがでしょうか?」
という交渉があればいいだけじゃないかと。

シンプルに言えば、「1ヶ月1万お小遣いがもらえて、仕事ももらえる」
フリーランスだったら絶対飛びついていただろうと思います。

炎上の時に批判していた人がこれに気付いた時に手のひら返ししている人がたくさん居たのがすごい驚いた。逆に意見を変えられなくてすごい変な感じになってしまった人居ました。

クラウドファンディングが出始めたときにもありましたが、
「なんで他人からお金もらおうとしてるの?自分で稼げ!」と言う意見がたくさん出ていました。

そういうポリシーがあるのなら、どーぞご勝手にと思います。しかし、それを言ってしまった瞬間から、その人がクラウドファンディングや他の人から協力してもらうというのが全くできなくなりました。
簡単な話で、否定していたことやり始めるということに関して誰も応援してくないという現実が待っています。おそらくクラウドファンディングを理解している人や以前からその発言を目にした人は1円も支援する気にならないでしょう。

それを踏まえて、理想のサロンとは

お金は全員が共通して価値を共感できるものです。実際人にとって100円の価値は変わってきますが、貝や石など物々交換するよりわかりやすい価値です。

お金が全て、これがすごい怖いことだと思うんですが、価値って人それぞれ違うので。

先ほどの炎上の話ですが、少しテコ入れしました。

これ、デザインできる人を探している人に提案なんだけど、
15人くらいのデザイナーのコミュニティ作って、
月額10,000円くらいで所属したいデザイナーが払って、

・色んなデザイン頼み放題
・誰に頼んでもOK
・見積もりの半分が着手金

みたいなサービス始めるのどうかな?

面白くなると思うんだよね。
100人登録したら、それだけで100万円の市場価値になるし

デザイナーは1万払えばコミュニティに参加できます。
年間で24万払うことになります。
そうするとお仕事もらえることができます。
もらえないこともありそうです。
お仕事をもらうために、自己PRやポートフォリオ公開することができます。
建築、ファッション、インテリア、グラフィック、Webなど様々な案件があります。
お金に関しては、デザインお願いしたい人とお願いされた人で相談して決めます。
決まった見積もりの半分が着手金としてもらえます。

簡単に言えば「月1万で営業しなくても仕事もらえる」というサービスが出来上がりました。さらに言えば、お仕事お願いした人には着手金+コミュニティ手数料など設ければ両方からお金が支払えることになります。

あの炎上から生まれてたアイデアをパクって考えたのですが、これ需要ありそうですね。誰もやらないならやりたいです。

終わりに

私もサロンの立ち上げを絶賛計画中ではありますが、上記のようなものではなく完全フリーでやりたいと考えています。ビジネスにする場合はテコ入れしなければいけないのでそこはメンバーと相談しないと。

お金という価値がそろそろ崩れて来るんじゃないかと、デザイナーなら特にそう感じてる人が多いはずです。その辺については、オンラインのコミュニティ動かしてる人なら理解してそうだし、すごいうまくやっているなと。私にはないものなのですごい羨ましいです。

今回は、価値について話したかったのか、アイデアを話したかったか迷子になってしまいました。次回は2つに分けてもう少しわかりやすくお話しできたらと、文章書くの頑張りますね。

それではおやすみなさい、明日もの素晴らしい日でありますように。

- END -

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

tsumomah

アドベントカレンダー2018

2018年に自分ログを残しておこうと始めた1人アドベントカレンダー。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。