はいよし

自分の世界観を小説にしています。よろしくお願いします。 書き物/インコ

一冊の本

今夜思い出したのはいつか愛した誰かのこと。日々時間だけが生き続ける中でふと蘇る記憶。その時感じた人生のページ、脳のページ、心のページ、身体のページがそれぞれ章ご...

0

月のひとりごと

僕は月、太陽ほど明るく地球を照らせないけど、地球の夜を明るく照らすことができる。もし僕がいなかったら地球にいる生命体は漆黒の闇をさまようことになるだろう。むしろ...

0

ぬいぐるみのベア

やあ僕は小学6年生の淳というよ。僕にはとっても大切にしている3歳の頃から持っているくまのぬいぐるみのベアがいる。迎えた時の当時の記憶はうろ覚えなんだけど、どこかの...

0

僕はセキセイインコになった最終話

「少し身体を乾かしてから行こう」  先輩セキセイはそう言いながら毛繕いをする。どんな状況でも毛繕いは大事だしな。乾いたら羽に油分をつけないといけない。太陽光が照...

0

僕はセキセイインコになった6話

「そろそろ出発するぞみんな。種子を食いに行くぞ!」 「オー食いに行こう!」  時間にして16時、日没は19時半くらいだから暗くなるまでまだ余裕はある。それにしても鳴き声...

0

僕はセキセイインコになった5話

巣から仲良く出てきたセキセイ夫婦、1羽はすぐに巣の中に戻っていった。どういうことだろう。 「今戻っていったのはママよ。ダンナを見送って戻っていったのよ」 「やっぱ...

0