見出し画像

納豆オタクも唸る納豆、ここマサチューセッツにあり!

 たいへん私ごとではございますが、この私、生まれも育ちも福島県いわき市。納豆の本場、水戸より少し北に位置する県境で育ちました。フクスマではあるけれど納豆の本場で育ち、納豆にはかなりの思い入れがあります。
 今でこそ健康食品として全国区、どころか世界でも名の知れる食材として有名な納豆ですが、私が夫と出会った1980年代、まだまだ夫が育った関西では馴染みの品ではありませんでした。そんな夫を納豆好きにさせてしまったぐらい、私の納豆愛は強かったのです。

 そんな私ですが、人生何があるかわかりません。なぜかアメリカで暮らすようになりました。今の時代はたいへんありがたく、殆どの日本食材がお金を出しさえすれば手に入ります。しかしながらこの納豆愛に染まる私を納得させてくれる納豆は、地元の食材店にはありませんでした。ここはアメリカ、仕方がありません。冷凍の、まあ「納豆」それが食べられるだけでもありがたいと思わなくてはと、自分を納得させておりました。
 それでも本物の香りを知るこの私。やはりどこか納得いかないのです。そこで始めるは、自家製生活。このブログにはまだまだあいかわらずまとめていないようですが、師のサイト

http://www.ajiwai.com/otoko/make/natt_fr.htm

 を参考に自家製しておりました。温度を一定に保つためにクーラーボックスにお湯を入れたり、オーブンの発酵機能を使ったり、試行錯誤は色々。それでもやはり納得の味にはたどり着きません。所詮は素人。そんな折に出会ったのかこの納豆だったのです。

 そう!これです!!! この味!!これこそ納豆!!!  私がどれほど嬉しかったか想像していただけますでしょうか? 懐かしい友にここボストンで再会できた! まさに、そんな気分でございました。

 ボストン暮らしももうすぐ20年。今までこのパックをどれほど消費したかわかりませんが、どんなところで作っているんだろう。いったいどんな人が作っているのだろう。なぜ作り始めたのだろう。これほど大好きなお店でありながら、私は何も知らないのです。なにせ、今時ホームページもないのですから。。。 
 

 っというわけで「取材」に出かけることにしました。この取材を通して、私はますますこの納豆が大好きになりました。これからも、たくさんの方に広めていきたい、そんなマサチューセッツの大切なお味です。

どこで作っているの?

この続きをみるには

この続き:4,562文字/画像11枚

納豆オタクも唸る納豆、ここマサチューセッツにあり!

Hyacinth

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ボストン郊外の小さな家から、 https://hyacinthdiary.blogspot.com いろいろな瞬間を綴っています。

ありがとうございます。とっても励みになります♪
3

Hyacinth

ボストン在住19年、本業は Studio Hyacinth https://www.instagram.com/studiohyacinth/ 時々旅行ガイドのお仕事をしています。 https://bostonhyacinth.blogspot.com

The Spirit of America

車のナンバープレートの言葉も 「アメリカの精神」 そんなマサチューセッツのことを中心に、アメリカ東海岸、ニューイングランド地方のことを綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。