プレイヤーのモチベーション

プレイヤーのモチベーションって大事ですよね。
最近の無料スマホゲームでは特にです。
彼らがゲームをやめてさえくれなければ、広告を見てくれてお金が入って来てくれますからね。
だから、無料スマホゲームにはものすごいプレイヤーのモチベーションをあげる仕組みが用意されているのです。

【キャラクターの成長】

一番シンプルなモチベーションの上げ方はキャラクターが成長することだと思います。
クッキークリッカーがいい例ですね。
ただクリックするだけでどんどんとクッキーが増えます。
溜まったクッキーでスキルを買えば、1クリックでもらえるクッキーの数が増えます。
そうやってクッキーを溜めるゲームです。
めちゃめちゃハマるんですこれが。
ただずーとクッキーをクリックするだけなのに。
クッキーをクリックするのが面白いんじゃないんですよね。
溜まったクッキーをスキルに交換して、前よりもクリックで増えるクッキーの量が増えるのが楽しいんですよ。
そういう成長がたまらないんです。
成長さえあれば、つまらない作業でも人間はハマってしまうんですよ。

【謎】

これはゲームに限らずです。
アニメ、漫画、映画すべてにおいて謎は見る人を引きつける力があります。
誰が犯人なの?ここはどこなんだ?あいつはなんでこんなことしたんだ?
全てのエンタメを見るとだいたい謎だらけなんです。
ゲームの一発目で記憶を無くして始まるゲームがたくさんあります。
なんで無くしたかという謎を作るためですし、プレイヤーと一緒で何もわからない状態にしてチュートリアルをしやすい環境にするためとか色々メリットが多いからかもしれません。
そして実は世界を救う勇者だった!!とかね。
えええ、そうだったの〜!ってなったことはほとんどないですけど。
でも、道中不思議な力を使ってから薄々なんかあるなとは思ってたし、気にはなってたと思います。
謎は気になってしまうものだと思ってます。

【目標設定】

目標があると人間はやる生き物です。
簡単に言えばクリアです。
クリアがあるゲームはないものよりもやってくれると思います。
だけれでも道中がつまらないと普通にやめます。
遠いとやめます。
だから中間の目標を置くのが一般的です。
この村までいけとか、特定の武器手に入れろとか、
そして最後に魔王に行くのです。
それでもやめる時があります。
ゲーム側から指定された目標ってのはプレイヤーがそうしたいと思った目標と合致してないとうざったくてお使いだと思われてしまうのです。
だからこそ、一番いいのはプレイヤーが自主的に目標を作ることです。
武器屋で強い剣がほしい、だからそれのためにお金を溜める目標を作ったり、スキルがほしいからそれのために特定の素材を探したりとか、プレイヤー自身が目標を見つけて行うことができるのが一番いいでしょう。
オープンワールドが面白いのはプレイヤー自信が目標を作れることにあると思いました。
だけどしすぎると、逆に何をすればいいのかわからないこともあるんです。
だから、大枠の目標だけはゲーム側から指定する必要がありますね。
プレイヤーのしたいことを知ることがずっと遊んでもらえるヒントなんじゃないでしょうか?

【最後に】

・近年のスマホゲームにはプレイヤーのモチベを保つ工夫がたくさんある
・何かが成長することはそれだけでやってしまう中毒性がある
・謎には人を引きつけて、気になってしまう魅力がある
・ゲーム側の目標より、プレイヤー自信が作る目標の方が遊んでくれる・プレイヤーの〜したいって気持ちが目標を生む



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

生高橋

スマホゲーム企画運営ノウハウ

スマホゲームの企画や運営に役立つnoteをまとめました。 自分他人問わず、読み返したくなるものを集めていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。