アビスパ福岡 2019/3/9sat. 京都戦 試練は続く

長崎戦とは打って変わって攻撃の糸口さえつかめないままの負け、

京都の術中にまんまとハマって身動きできず。

選手のがんばりはよくわかるのですが、枠内へのシュートが一本もなければさすがに気持ちも沈みますね。

アウェイで何とか初勝利を、そう願わずにはいられないほどに低調な試合でした。

テレビの解説で来ていたサカティがゴール裏までわざわざあいさつに来てくれました。

サカティのようにサポーターに勇気を与えてくれる選手が少ないファビオアビスパ、その存在感を懐かしむようにサカティのチャントが晴天の博多の森に何度も何度も響き渡りました。

今日こそ勝利を!

ゴール裏は力の限り選手たちを後押しします。

#まさるエリア

2種登録されたばかりのユース吉村銀河選手がさっそくベンチ入り。三國のベンチ外は意外でしたが、どうやら前日練習でケガをしたようですね。

もちろん強力助っ人として期待のミコルタも日控えとしてベンチに入りました。

石原が右SBとしてスタメンに入った以外は前節と同じメンバー。
相手は決して難敵ではなかったはずなのですが…

こうなったら全員湘南スタイルで飛び出してはいかがでしょう?

アビスパ対策でしょうか、スペースをきっちりと埋められたアビスパはまったく動けず。

シュートらしいシュートも打てないまま時折見せる京都の鋭いカウンターに脅かされ、時間だけがいたずらに過ぎてゆくという実にじれったい展開。

前線に起点が出来ず、ひたすら後方でパスを回すアビスパ。

ふと気づけば井原アビスパって今日の京都のようなチームだったんだろうな…なんてひとり苦笑い。

攻撃の糸口を見つけるべく、あらゆるポジションに変化しながら必死にトライを続ける草民。

苦しい戦況にファビオもヒートアップ、すさまじい剣幕でピッチサイドから指示を送ります。

城後や石津のところでボールが収まらないと厳しい、
必死のプレスを見透かされたように裏へといなされては後手後手に…

こうなってくると若さが悪い方向に働いてしまうアビスパ、
次第にファールの数が増えてくる。

低調な前半を終え、ドヨーンと沈むバックスタンド。
ハーフタイムにアップしていた前川大河の指差した先にはこんなものがありました。

これが吉兆であればよいのですが…

後半も石原一人旅、この円陣スタートです。

闘莉王選手の檄が飛ぶ京都円陣。これで勝てるわけではないけれど、こういう選手がいてもいいなと思ってしまうのが今のアビスパの現状でしょうか。

石津のシュートは惜しかった!入っていれば…

じわじわと防戦一方にまわるアビスパ。

ここまで2戦スタメンのドゥジェはこの試合のあとしばらく戦列を離れます。

がんばれ!ドゥジェ!

ドゥジェの穴を埋めるのも当面の課題となりますかね。

ベンチ外の選手たち。三國のケガの状況、そして吉本、菊地はどうなんでしょう。気になります。

後半71分、ついにこらえきれずに失点。
攻撃にも守備にも課題の多い試合でした。

木戸、前川、最後は森本を投入してなんとか1点を取りにいきますが、
残念ながらガッチリと固められた京都ゴールをこじ開ける力は残っていませんでした。

結局そのまま試合終了。

静まり返ったバックスタンドに選手たちの列が並びます。
サポーターもどう声をかけていいのかわからない、
すべてがモヤモヤとしたままに試合は終わってしまいました。

果たしてこの男が救世主となれるのか、とにもかくにも一日も早いフィットを望みたいと思います。

井原監督からペッキア監督へ、
180度異なるスタイルにトライしている新生アビスパ。
大転回についていけない選手たち、
少しずつ、一日ずつその理想に近づいているのかもしれませんが、
J2地獄は甘くない。
弱点をわかればチームスタイルを捨ててもそこを突いてくるカテゴリー、
ここからしばらくは厳しい戦いが続くことでしょう。
まずはアウェイ連戦で連勝を!

星を五分に戻してリスタート!

頼むよ!キャプテン!

がんばれ! 

アビスパ福岡!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読めないやつらのためにも~福岡勝たせようぜ~♪
6

hybrid AVISPA

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。