アビスパ福岡 2019/4/13sat. 町田戦 一歩進んで二歩下がる

試合終了のホイッスルとともにがっくりとうなだれる選手たち、
ほとんど見せ場を作ることが出来ずの完敗。

石津と当日急きょの体調不良だった實藤の欠場でもここまでやれたと評価するべきか、それともいまだこの程度?と失望するべきなのか。

ファビオアビスパは発展途上中と理屈ではわかっていても目の前で繰り広げられるのは低調なゲームばかり…
応援するサポーターとしてはやはり堪えるものです。

これを見ても当日までサネは明らかにスタメンの予定だったんでしょう。

この季節にしては肌寒い、まるで花冷えといった博多の森。

寒風を吹き飛ばす熱い試合を誰もが期待していたはず。

今度こそ決着!町田に絶対に勝つ!ゴール裏も燃えていました!

スタメンから3バックはなんとなく予想されたのですが…

急造はおろか、ほぼぶっつけ本番だったとは…。

三國、ドゥジェ、篠原の大きなトライアングルからスタートするビルドアップ。何だかのヨーロッパスタイルにおお~っという感じでしたが、残念ながらそれが出来ていたのはここまでで…

守備連携がうまく噛み合わないアビスパに対し、縦横無尽に切り込む町田という構図が繰り返されます。

そうこうしているうちに元アビスパ下坂選手のクロスが見事な放物線を描いてゴール右隅へ…

アビスパあえなく失点。

ど素人が指摘するまでもなく、結局4バックに変更。

三國を右SBに出して仕切り直し。


草民のこれも惜しかった、でも本音を言うと迷わずシュートを選択してほしかったかなぁ。

試合は0-1でハーフタイムへ。

クラブ存続の危機を迎えているライジングゼファーフクオカのマスコット神くんも登場、試合前にはサポーターからもエールが送られました。

結局メンバー交代はなくそのままの4バックで後半へ。

ハーフタイムの間松本コーチずっと話し込んでいたファビオ、果たしてどんな手を打ってくるのか。

円陣前には選手たちが活発に議論する姿も見られました。

これが決まっていれば…
惜しかったドンヒョンのヘディングシュート。

残念!

うまくいかない試合運びにファールが増えてくるアビスパ。

決して強敵という手ごたえではないだけに、余計にもどかしいのでしょう。

そして待ちに待ったユースの星、北島祐二の公式戦デビュー!

これからも若さあふれるプレーを見せてほしいと思います。

終盤は守備を固めてきた町田のゴールをこじ開けられず、
前がかりになったところをお手本のようなカウンターで万事休す。

ここで森村選手のゴールを見せられようとは…

アビスパはノーゴールで0-2で試合終了、内容的にも完敗でしたね。

栃木戦、横浜FC戦の内容がよかっただけに余計に残念。

それでも何らかの新しい引き出しにはなったはず、これからの戦いにおいて急造の3バックが役に立つことがあるかもしれません。
一歩進んで二歩下がる。そこからまた這い上がってほしい。

がんばれ!

アビスパ福岡!



明けて日曜日の雁ノ巣練習の様子、オマケでつけておきますね。

誤字っているところはご勘弁を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読めないやつらのためにも~福岡勝たせようぜ~♪
4

hybrid AVISPA

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。