スクリーンショット_2019-10-13_15

KOK PLAYとは?KOKウォレットとは?仮想通貨の配当ウォレットの情報まとめ

KOK PLAYという仮想通貨の配当ウォレットについて情報がなくて謎すぎるのでまとめていきます。

まず最初にKOKに関して出回っている情報ですが、オフィシャルな運営からの情報なのか?日本人の誰かが勝手に作った資料なのかは不明です。

誰かが「これは公式のものです」と言ったとしても、私は公式SNSや公式サイトで情報が配信されない限りそれが正しいとは思わないです。

ただこれは私がそう感じるだけなので、気にせずに投資する人はしてください。

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

一番重要な部部分

私的に一番これが重要だと思ってます。

プロジェクトどうとかよりもまず関係者が正しいか?です。

okuri-bit.comから得た情報によると、こちらKOKの動画です。

この動画みてもらうとわかるんですが、KOKのCEOなどの関係者がスピーチしています。

さらには「KOK」というキーワードを使って話しているのがわかります。

これが作りものの動画ではないことを前提でいうと、人物は間違いなさそうと言うことが言えます。

KOKの意味

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

KOKですが、「Knowledge and Opportunity Kickstart」という意味だそうです。

「KOKとは知識と機会の始まりの意味」だそうです。

スライド02

スライド03

KOKのメンバーについて

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

メンバーはみなさん韓国人の方々で構成されています。

CEOがすごいとか、CTOがすごいとか色々な意見がありますが、書かれている通りです。

この編の裏どりはokuri-bit.comのサイトで書かれています。

まず経歴は正しいようです。

スライド04

スライド05

スライド06

スライド07

KOKの市場について

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

市場は「グローバルデジタルコンテンツ」という分野だそうです。

なんかマーケットやショッピングとか色んなところで使えるそうです。

市場がどうとかいうので自由なので...私的にはここは特に注目してないです。

スライド02

スライド03

KOKの収益源

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

KOKの収益源としては簡単に言うと、プラットフォームによる収益になります。

世界中の仮想通貨のプラットフォームが色々ありますが、今の所プラットフォームでまともに収益を出しているのは取引所くらいかと思います。

そのほかの市場ではまだまだです。「まだまだ」というのはある意味「これから」とも捉えられますが、「今すぐ」ではなさそうです。

「そりゃそうだ」ってみなさん思うかと思います、ただこういうのを説明せずに煽りだくるのは私は好きではないだけでして、正しく意見を伝えているわけです。

スライド09

ただこの収益源の最初にある「運用による1次収益」。これが取引所のようなものを意味しているかと思います。

上にも書いた通り今現在プラットフォームで儲かっている代表的なジャンルは「取引所」です。なのでこのイメージとしてはまともな構想かと思います。

スライド10

KOKのトークン情報

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

発行枚数がどうとかという情報です。私個人的にはこれにはあまり意味を感じないですが、将来的にみたい人もいるかと思いますので記述します。

発行総量:30,000,000
流通量:9,000,000 (総量の3割)
価格:1 YUAN

スライド11

余談なんですけど、YUANはCNY(中国元)は意味するそうです。知らなかったので調べました。

1YUAN = 1CNY = 15.33JPYです。

当然この価格は変わりますが、現時点では15.33JPYです。

スクリーンショット 2019-10-15 6.03.13

アフィリエイト報酬

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

アフィリエイト報酬についてはこちらの記事にて紹介してますので参考にしてください。

私の感覚的にはアフィリエイトならまだしも、タイトルとか嫌いなんですよね。仕組みが複雑すぎです。

こういうタイトルとかやっちゃうと、MLMがプンプンしてしましますね。そうなると仮想通貨業界をよく知らない連中が勧誘に走ってめちゃくちゃになるから嫌いなんですよね。

スライド12

スライド13

KOKのマイルストーン

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

KOK PLAYのマイルストーンについてです。この業界ではロードマップとも言われている大きなスケジュールについてです。

これあくまで計画なので、プラン通りなかなかうまくいかないことが多いです。

スライド14

2019年9月:これはもう済んでますがKOK PLAYのプラットフォームを公開しました。

一応韓国、中国、日本でローンチしているようです。とは言ってもどうせ日本人だけが使ってるパターンかと想像してます。

2019年10月:今月ですね。「ホテルの王」を提供開始します。そういう名前のゲームなようです。このゲームだれもやらんと思うのは私だけでしょうか...

スライド17

スライド18

スライド19

ホテルの王ですが、現在すでにプレイできています。

ユーザー数が表示されていますので、どれくらい普及しているのかを目安としてわかりやすいです。

2019年12月:オンラインショッピングモールがオープン。このオンラインサイトも使われるのか疑問です。

スライド26

スライド27

2020年にオフライン決済導入する予定となっています。ロゴばかりあってなんのことか全然わからないですよね。

KOKのトークンがオフラインでこのショッピングモールで使えることになるということかと思うんですが、そこまでわざわざ行って決済するという物好きはいるんでしょうかね。

ビットコインすら全然普及してないのに、名前も知られていないトークンが使って決済する人はいるとは思えないですね。

2020年1月:OKExに上場と書かれています。そんなわけないでしょ。この時点でだいぶ怪しさを感じますね。

こういう仮想通貨の上場というのは公式アナウンスがあるまで口外してはいけないことなんです。それを勝手に口外しているのは...

まずOKExへの上場は無いと思ってます。

こんなまともなこと言ってる人いんのかな?

だいたいこう言うのは「○○上場予定」とか言っておいて、予定が変わりました〜というパターンですよ。

私が知る限り配当ウォレットのトークンがまともに大手取引所に上場したというのは今まで一度もないです。

2020年2月:TOWB MUSICをローンチ。音楽関係のプラットフォームですかね?これも私は流行るとは思えないですね。

こういう音楽業界はApple musicだったり、amazonだったり大手が抑えていますので今から参入しても価値を見いだすのは難しいかと思います。

スライド23

2020年3月:88 POKERというオンラインカジノゲームをオープン。ええとですね、仮想通貨の業界でこういうカジノ関連のプラットフォームって10以上はあるんじゃないかな?もうすでにプラットフォーム完成しているところもありますけど、そんな儲かってるのを聞いたことないですね。

こういうのを見ると、オンラインカジノの利益が還元されます〜と薄っぺらい宣伝が溢れるだろうけど、そんなに甘くない。

ところで上の方の収益モデルのところで「取引所を運営することで利益がある」と思ってたんですが、このマイルストーンには一切そのようなことが書かれていないので、ないかもしれません。

韓国でイベントを開催

と言う風にプレゼン資料に書かれています。ソウルでイベントしたそうです。

スライド15

おそらくこの動画のことかと思います。

KOK PLAYのプレゼン資料

・ダウンロード: https://apps.kok-play.io
・招待コード : mbnxlmwi

KOK PLAYのプレゼン資料ですが、こちらになります。

一応書いておくと、これって本当か?って思うようなことばかり書いてあります。

信じるかどうかは人それぞれですので、まぁ参考程度にしてください。

KOK PLAY入金方法

KOK PLAYのウォレットに入金する方法についてです。

登録して、ログインしている状態にてダシュボードに「ウォレット」というメニューがあります。

画像23

このウォレットにて入金する仮想通貨を選択してください。

例えばイーサリアムの場合にはこのように左下に「入金」という項目があります。

画像24

入金をクリックすると、ウォレットの入金アドレスがわかります。

このそれぞれ表示されているアドレスに仮想通貨を送金してもらえれば、入金することができます。

画像25

ここではざっくり記載しましたが、詳細はこちらの記事にて記載しておりますのでご確認ください。

KOK PLAYの対応しているコインは4つ

KOK PLAYにて現在対応しているアルトコインが4種類あります。

ウォレットのダッシュボードをみてもらえればわかるのですが、この4つです。

画像26

ちなみになんですが、これらは全てERC20のトークンです。

つまりウォレットアドレスが全て同じなのです。

画像27

このウォレットに対応している4種類ありますよ〜という話題に関してはこちらに記載してありますのでご覧ください。

DACって何?

ウォレットを見ると、DACという謎の仮想通貨があることに気づきました。

画像28

DACというのはDavinci coinというものです。日本語ではダヴィンチコインというものです。

このダヴィンチコインについて調べたのですが、予想通り韓国系のアルトコインでした。

KOK PLAYは韓国産なのでそこ繋がりで選ばれているコインのようです。

わたしはこのダビンチコインを聞いたことがなかったのですが、どうも時価総額が195位なので、マイナーコインの中でも今後上がってきそうな所にいます。

ちなみに情報ですが、韓国産なんですが会社自体はシンガポールにあるようです。

このDACが購入できる仮想通貨取引所はHuobiやBithumbで購入できるようです。一応大手取引所に上場しているコインなのです。

私が調べる限りこのダヴィンチコインとKOK PLAYの関係性は見つけることができませんでした。

ダヴィンチコインの公式SNSとしてツイッターやフェイスブックやテレグラムがありますが、情報はありませんでした。

というよりも最近これらの公式SNSが更新されてませんので、情報配信がされていないためです。

KOK PLAYのUSDTについて

KOK PLAYのUSDTですが、イーサリアムをベースとしているものです。

つまりERC20のUSDTなのです。

送金する時には間違えないようにして送金しないといけません。

じつはUSDTというのは何種類かあって、最近ではERC20のUSDTが一番普及しているかと思います。

USDTがイーサリアムかどうかはアドレスを見ればわかります。

画像29

アドレスはこのようにイーサリアムとテザーの入金アドレスが同じになっています。

アドレスは「0x」から始まっていますので、イーサリアムのアドレスだということがわかるかと思います。

KOK PLAYの登録する電話番号

KOK PLAYの登録する電話番号なのですが、普通に「090〜」と入力しても「90〜」と入力してもどちらでも良いようです。

あと登録しても誰かに電話番号がバレるということはありませんのでご安心ください。

リスクについて

こういう配当型ウォレット、HYIP、MLMというのは一見良さそうに見えつかと思います。ただ今までの仮想通貨の業界の歴史ではずっと生き残っているようなところはありません。

というようにリスクがすごいあります。ハイリスクハイリターンなのか...ハイリスクローリターンなのか...やりながら探る感じになります。

危険は承知だけど、KOKに投資するという人だけが参加するようにしてください。

KOKの評判? 評判気にしているなんてあきませんよ?自分がどうか?だけです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

28
仮想通貨の配当ウォレットの最新情報を配信しています。主には配当型ウォレットの登録方法・入金方法・KYC方法・出金方法などの情報になります。 #配当型ウォレット
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。