見出し画像

嘔吐恐怖症のきっかけ

私は中学生のときから嘔吐恐怖があって、そういう場面になるとパニックになるし、一年ぐらい嘔吐恐怖で摂食障害になったことがありました。

ある日、原因が何なのか突き止めるために記憶をたどった時の日記です。


私何でもない記憶だと思ってたんですけど
小学校2年生ぐらいで熱が出て体調が悪いときにリビングで吐いてしまったんです。

心のどこかで体調が悪かったら何をしても許されると思ってるところがあったんです。特別扱いされる。

一瞬頭によぎったのが「ここで吐いたらみんなに迷惑やろな。でも気持ち悪いからしゃあないよな」って。

そしたらばあちゃんとママからすっごい怒られた。いっぱい罵られて、みんなに迷惑だろって言われて恥ずかしかった。なんでこんなことしちゃったんだろって

今思えばあれ以来、吐くのは恥ずかしい、みっともないことやって思って一切吐かなくなった。きっとあれが原因だったんやと思う

自分が「体調悪いんやからしゃあないよな」って甘えた心を持っていたのも余計に恥ずかかった。


でも体調が悪かったら吐いてしまうのは当たり前やし、子どもだったんやから普通やったら周りの大人が気にかけてあげるべきことだった

私はなんにも悪いことしてない。ママやばあちゃんが異常だったんやで。

別にいま吐いても、誰にも怒られへん。みっともないことじゃない。体調が悪くて吐いてしまうのは普通のことやから

私はなんにも悪くなかったんやで

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、これからも頑張って生きていけます。

私もスキ
7

らぶ

解離性人格障害のママが支配する家で育ちました。 18歳のときに児相の保護されました。現在は、毒親たちと連絡を断って、精神的、経済的に自立できてます。東京で大学生やってます。 Twitter→https://twitter.com/look_at_note?s=09
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。