Complicated Remixes

2017年に、Dimitri Vegas & Like MikeDavid Guetta「Complicated」という曲を共同制作しました。そのリリースからしばらくして、リミックス集が配信されました。Part 1とPart 2に分かれており、バラエティ豊かなアプローチを堪能できます。大まかに言えばサウンドの系統はEDMですが、実際の音づくりや展開はEDMという言葉が持つ以上にさまざまです。

オリジナルの「Complicated」は、ボーカルに迎えたKiiaraのタフな歌声と、そのメロディをなぞる残像のようなシンセサイザーのフレーズが印象的な曲でした。リミックスでは、オリジナルの要素を主要なモチーフにする、テンポを変えてEDMらしいダイナミックな展開に変えるといったアプローチが見受けられます。

僕が好きなのは、Part 1に収録された3Rhab Remix、Part 2に収録されたFareoh Remixです。オリジナルのテンポを大きく変えて声の印象を変えるパターンよりは、ボーカルを残しつつそれ以外の要素を大胆に入れ替えたリミックスを好みます。それもオリジナルを破壊するのではなく、オリジナルの要素をモチーフにしていることが分かりやすい方が良い。

Fareohによるリミックスで顕著なのですが、オリジナルのフレーズを下敷きにしつつ変化を加えたフレーズが、シンセサイザーの分厚い音によって曲を牽引します。このフレーズには強靭なベースの音が絡みついて深みを出しています。変わることで生まれる魅力、変わらないことで維持される魅力——異なるラインの魅力が交差します。新鮮な気持ちで音を聴けるのと同時に、「好きなメロディが聴ける」という心地好さを味わうことができます。

EDM系のアーティストやDJがシングルをリリースすると、他のアーティストがリミックスを行なうのは恒例行事です。リミックスを聴いて新たな魅力を見つけたり、新たなアーティストを知ることもあり、ひとつの曲から世界はどこまでも広がります。自分に合わないものも当然ありますが、オリジナルと同じくらい好きになれるリミックスに出会えたときはとても嬉しい。鉱脈を発見するようなものであり、そこから新たな採掘——新たな音楽の追求が始まります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

fujiokashinya

Impressive music PART3

印象的な音楽を記録して記憶に刻みます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。