高木さんを信じましょう。(J2第2節 vsFC琉球)

こんにちは。
就活でてんてこまいなちくきです。
この投稿を見た社長さん...雇ってください…。

開幕戦をスコアレスドローで終えた大宮アルディージャは、J3を圧倒的な攻撃力を武器に優勝し昇格してきたFC琉球をHOMEに迎えました。開幕戦でアビスパ福岡に勝利し、首位に立つFC琉球に対してどのような試合になったのでしょうか?

~始めに~

 HOMEの大宮は前節から1名の変更。茨田の位置にPSMでスタメンだった嶋田が入りました。
 AWAYの琉球は前節から1名の変更。前節スタメンだった右SHの富所が欠場し、代わりに上門がスタメン入り。昨年、町田で大宮を苦しめた鈴木孝司もスタメン入り。監督は元大宮の樋口さん。

開幕戦である福岡戦から見て取れた琉球のサッカーを簡単に説明すると…。
(琉球の前節のハイライト)
①守備
ビルドアップ隊にプレッシングをしかけパスコースを制限し、中盤にボールが入ってくると選手が密集しボールを奪取する。選手が密集する分、逆サイドや最終ラインの裏にはスペースが生まれる。
②攻撃
ワントップや両SHが裏抜けで相手の中盤と最終ラインの間のスペースを広げ、その間でトップ下やボランチ、SHが受けて前を向く。SBのビルドアップやFW,SHの裏抜けを簡単に使う。ワンタッチのプレーが上手く、相手のプレスに物おじしない。
③ネガティブトランジョン(攻撃から守備への切り替え)
切り替えの意識は非常に高く、ボール喪失後に素早く相手のボールホルダーに対してプレスをかける。ボール奪取が難しい場合の帰陣も素早い。
④ポジティブトランジョン
中盤でのボール奪取後のカウンターはとても素早く鋭い。基本的にはワントップの鈴木が中央でボールを受け、運んでいる間に相手最終ラインの脇や選手間に後続の選手が走りこむ。

大宮の343は琉球の442(4411)に対して配置的に圧倒的に有利であるが、果たしてどうなる。(詳しくはZdenkoさんの投稿を参照してください。)

~前半~

1.1大宮の攻撃
大宮のビルドアップは325のような形で行われました。
最終ラインからHS(ハーフスペース)に流れたファンマあるいはシャドーに対してボールを入れ、落としたボールをボランチ・シャドー・WBが回収して前を向いてボールを持つことが多かったですね。しかしながら、高y術するワンサイドプレッシングや中盤での密集でシャドーやファンマが挟まれてボールロストすることが多く、効果的なビルドアップはあまり見られませんでした。

「戦術ブログで出てくるハーフスペースってなんなんじゃい!」という方もいらっしゃると思うので、分かりやすい記事のリンクを貼っておきますのでご参照ください。

ちょっと難しめのやつ。

さて、効果的なビルドアップがあまり見られなかった大宮ですが、そんな中でも大宮陣地深くで琉球のボールを奪取し、ファンマにあてて時間を得ることでボールを前進さえて相手陣地まで到達することがありました。
ここでは相手陣地で効果的であった大宮の崩しを紹介します。

ファンマのクロスが流れたところを大前が回収し、サポートに来ていた河面に戻した場面からの大宮の攻撃は、相手のHSを上手く攻略していました。これも甲府戦で見られた動きです。

1.2琉球によるワンサイドプレッシングとカウンター
琉球は福岡戦と同様に、大宮の最終ラインへの数的同数のプレスをかけてサイドへと誘導し、大宮のパスコースを制限した後に中盤(特にシャドー)に入る縦パスを狙ってボールを奪取していました。
中盤でのボール奪取後に素早くワントップの鈴木やトップ下の中川にボールを供給し、ショートカウンターを繰り返していました。
象徴的なシーンは1失点目のシーンになります。

嶋田くんがボールを受けた際に左足に持ち変える(時間がかかる)こと・オフザボールの動きが上手くないことをを琉球は見抜いていて、ボールの取りどころにされていました。もう少しシンプルにプレーしたり、ボールの受け方を工夫しなければ今後も相手チームに狙い撃ちされる可能性は高いです。

1.3大宮によるプレッシング回避
琉球はワンサイドプレッシングからのショートカウンターは猛威を振るった前半でしたが、プレッシングを回避して攻撃に転じることが出来たシーンがいくつかありました。ワンサイドプレッシングは選手をサイドに密集させる一方で、逆サイドと最終ラインの裏に広大なスペースが広がっています。その為、プレスさえ剥がせてしまえばチャンスにつながります。

実際には、シャドーの嶋田・HSに流れてきたファンマに奪取されることが多くこのような場面はあまり見られませんでした。


2.1大宮の守備(541でのブロック形成)
琉球のビルドアップ隊がプレッシングに対して耐性があることや琉球の前線がライン間で受けることが分かっていた大宮は523でのプレッシングではなく541でブロックを形成し、最終ラインと中盤のライン間を狭めることで劉裕のビルドアップ隊から中盤に供給されたボールを刈り取る(最終ラインによる迎撃と中盤のプレスバック)ような方式を取りました。
ボランチの片方が前に出て514(最終ラインが一列上がって424)のような形になり数的同数のプレッシングをかけていましたが、あまり効果がなく、むしろボランチの脇のスペースを使われることが多く見受けられました。
また、両シャドーの守備意識の低さ(大前と嶋田の絞りやプレー強度)から簡単に琉球の前線にボールを届けられていました。本当に頑張ってくれ。

2.2琉球の攻撃(裏抜けによるライン間の拡張/大宮のボランチ脇の活用)
琉球は主に前線4枚の裏抜けで大宮の中盤と最終ラインの間を広げつつ、広がったスペースに前線の選手が降りてきたり、ボランチが一枚あがったりすることでライン間でボールを受けて前を向き、SBのオーバーラップや前線の裏抜けを活用していきました。
大宮はライン間に入ってきたボールを刈り取る方式をとっていたものの、琉球の選手の裏抜けにより最終ラインが押し下げられて一時的にコンパクトさを失います。これにより最終ラインの選手からボールを受けた琉球の選手までの距離が広くなり、最終ラインによる迎撃の成功率の低下につながりました。
また、中盤の選手はライン間にボールが入ったタイミングでボールサイドにスライドすることでボール奪取を狙いますが、逆サイドのシャドーのスライドが遅いこと・密集していてもプレー強度が低いことから簡単にボランチの脇のスペースを活用させてしまいます。
大宮の514気味でのプレッシングと、コンパクトさの喪失・シャドーの守備意識の低さすべてを利用された琉球の攻撃シーンを紹介します。
(※32:50頃のシーンです。図に入れ忘れましたごめんなさい。)

3.1設計された大宮のセットプレー
15分に琉球によるショートカウンターで失点するもその3分後にセットプレーからのファンマの得点で同点とします。このセットプレーは甲府戦でも見られたような形であったので紹介します。


~後半~

前半、中盤でなかなかボールを奪取できない大宮は541の状態でで自陣深くまで押し込まれます。仮にボールを奪っても前線でファンマ一枚が孤立した状態ですので琉球はファンマ一人を挟み込めば簡単にボールを奪取することができ、大宮は永遠に攻撃を被り続けることになりました。
そのため、後半は以下のような532へとフォーメーションを変更しました。
なお、途中から嶋田⇒小島、大前⇒富山、中村⇒酒井という選手交代がありましたが

この変更はおそらく、2つの狙いがあったのだと思います。
①ファンマを孤立させない
2トップにすることでボール奪取後の前線のターゲットを2枚にすることで相手のマークを分散させる。これにより、前線でボールが収まり、中盤以下の押し上げる時間を確保できる。

②中盤のサイドのスペースのケア
ファンマ一人では空いてビルドアップ隊のパスコースを制限できないので、2トップで相手のビルドアップ隊のパスコースを制限し、中盤3枚が入ってきたボールに密集してボールを刈り取る。

この変更によって失点を重ねてしまった一方で、後半途中からの猛攻にもつながりました。さて、何が原因だったのでしょうか?

1.1 狙われ続けた3センターの脇
中盤3枚は相手の前線にボールが入るとボールサイドに密集します。最終ラインの迎撃や2トップのプレスバックなどと協力してサイドで刈り取れれば良いですが、そう上手くはいきませんでした。中盤三枚がスライドするということは逆サイドの中盤が空いてきますよね。琉球は大宮の密集を掻い潜り、逆サイドに展開して大宮のCB・WB(特に人に食いつきやすい河面と中村)VS琉球のSH・WBの構図を作り大宮の守備を攻略しました。
ここでは2失点目シーンを図説したいと思います。


なお、3失点目もほぼ同様の手口で攻略されています。2失点目は密集から抜けだされ、3センター脇でボールを持った選手が①のスペースを活用していますね。3失点目は中村がボランチ脇のボールホルダーに食いつき、大外の選手を河面が見に行ったことで河面~菊地の選手間を活用されて失点しています。③⇒①みたいな感じでしょうか。
前半の541と同様にボランチ脇のスペースを使われています。ここはどうにかしないと本当にマズいです。徳島さんも恐らく使ってくるでしょう。

1.2 焦りからのネガトラ準備不足を利用されて3点差に...。
短い時間で2失点をして完全に焦った大宮イレブン。ネガトラの準備を怠ったことでカウンターでさらに失点を重ねます。


2.1 アンカーを使ったプレッシング回避
そんなこんなでボコボコにやられていた大宮ですが、352のアンカーを使った数的同数プレッシングの回避を見せていたので紹介します。とてもベーシックな形ですが、まさか大宮で見れるとは思わなかったので感動しました(笑)おそらく、352を採用するならばこのプレッシングの回避方法は必須だと思います。

532を採用しているレアル・べティスの試合を見ていると相手の2-3プレスや3-2プレスの回避にアンカーにあてて大外のWBに展開する形が頻繁に使われていています。大宮では石川が降りてきていましたが、やりたいことは変わりません。相手のSB(WB)をピン留めさせた状態でアンカーに食いつかせて、フリーになった大外の選手がボールを持って時間を得れる状態を作り出出します。

2.2 IH・富山・WBによるHSの活用
点差が広がり、琉球にも疲労が見えてきたことによって琉球のプレスが甘くなった(ミドルゾーンでのプレスを選択した)ことも一因ですが、富山と小島くんの投入により、状況は一変します。このHS攻略で猛攻を仕掛けます。かなり多くの良いプレーが見られましたが、ここでは渡部のゴールシーンを紹介します。

左サイドでは小島くんによるHSを活用したPA内への侵入で数多くのチャンスが創出されました。これは実際に映像を見た方が良いと思われるので小島くんのエロエロプレーによる攻撃が見られた動画とその時間を紹介することに留めておきます。小島くんのプレーが本当にエロすぎるので時間がある方はぜひぜひDAZNで見返してみてください!エロすぎです!家長並のエロさ!必見です。
(おそらく、ZdenkoさんかMexicorangeさんが詳しく説明してくださるでしょう)(すみません、時間がなくて書ききれませんでした)



2.3 532のWBとアンカーが関与する幅を使った攻撃
HSを攻略されない手っ取り早い方法はHSに人を置くことです。つまり、最終ライン近くボールサイドでかなり圧縮された状態になるので逆サイドとバイタルエリアが空いてきますよね。HSをただ使うのではなく使うふりをして手薄な逆サイドに素早く展開するとチャンスになります。相手が優先的にHSを埋めてきて手詰まりになった段階で相手を崩すのに有効な手段かと思われます。
相手の小島・中村・石川の3人でHSを使うふりをして相手守備陣を押し下げかつサイドに寄せた状態で、バイタルエリアと逆サイドにスペースを作り、アンカーの大山を経由して逆サイドにボールを供給して渡部と相手SBの1対1の場面を作った場面がありました。そんな場面を紹介します。


2.4 2トップによる制限からのショートカウンター
中盤の脇のスペースを使われて面白いように失点を重ねた大宮ですが、532のへ変更が狙い通りハマったシーンがありました。そのシーンを紹介します。


~最後に~

生観戦したときには「この試合を見返すのか…」と絶望していましたが、見返してみると戦術的に整理されてきたからこそ相手に突かれた大宮の弱点や、整理されているからこそ生まれたチャンスや得点シーンの形が見られました。とても見ごたえのある試合で大宮・琉球サポにも、他サポの方にも見ていただきたい試合でした。
あんまり大宮サポは悲観せずに気長に待てばいいと思います。

さて、高木さんが試合後のインタビューで

スカウティングでは琉球の特徴やウィークポイントなど、しっかりと分析をしてきたのですが、思った以上というか、思った通りにやられてしまったというのが素直な感想です。 -大宮アルディージャ公式-

とおっしゃっていました。
スカウティングに基づいた守備や攻撃が見られたのも好印象です。(実際に対策以上のことをやられましたが)
スカウティングがしっかりと反映された試合は近年の大宮で見られませんでした。
サッカーは必ず相手があってのスポーツです。相手によって出来ること/できないことは変わってきます。大宮はその部分の意識が希薄でした。スカウティングが試合に反映されること、これは大きな進歩です。

高木監督の大宮アルディージャはまだまだ始まったばかりです。
戦術の浸透度や判断速度が上がってくれば勝ち点を積めるチーム作りをしていることが見て取れます。
「積み上げたことを信じろ!」というチャントがありますが、今はちょうど積み上げの段階です。サポーターとしては昇格組に対して4失点する試合を見せられて複雑な心境になるのは承知ですが、チームを見守っていきましょう。

積み上げてきたものを信じられずに監督を解任し、8連敗×2を喫した2013年シーズン。同様に積み上げてきたものを信じられずに降格となった2017年シーズン。石井さんによる積み上げを待ち切れなった2018年シーズン。
監督やチームを信じ切れなかった結果、どうなってしまうかを近年の大宮アルディージャを観てきた方ならばわかるはずです。

おそらく、厳しい試合が今後も続くでしょう。
しかしながら高木監督と選手たちならば、きっと素晴らしいチームを作ってくれるはずです。2015年の大分戦を思い出してください。
監督を信じて、選手を信じて、ともに戦っていきましょう!!最高なスタジアムの雰囲気を作りましょう!!


就活と学業で多忙のため、徳島・山形・水戸・長崎戦の投稿は出来ないと思います。
Twitterで試合について軽く分析を行おうと思っているので、よろしければご覧下さい。
ご意見やご質問、コメントもこちらにお願いします。
@Soka_ardija0331)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

ちくき

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。