見出し画像

愛媛戦の大敗を払拭できるか(第30節vsヴァンフォーレ甲府戦 プレビュー)

前節のAWAY愛媛戦で『1-5』の大敗を喫した大宮アルディージャは、AWAYでヴァンフォーレ甲府と対戦する。
甲府との前回対戦はホーム開幕戦でスコアレスドローに終わっている。

はじめに

【甲府】
出場停止のドゥドゥが復帰。前節はドゥドゥの位置を横谷が務めていた。今節はそのままドゥドゥが戻る可能性も。
最終ラインは小出と山本、小柳と武岡がそれぞれスタメン争いをしている模様。

【大宮】
絶対的なスタメンであった茨田が、前節の愛媛戦でまさかの欠場。しかし、公式プレビューに掲載されている練習写真で確認できることから今節は出場可能だろう。
また、怪我で離脱していた畑尾・三門・笠原・高山が今週から全体練習に復帰。三門・畑尾・笠原はリザーブに入る可能性は高いが、高木監督の起用方針から考えるにスタメンへの抜擢は無さそう。
一方で、菊地の欠場情報もあることから3バックの中央には河本が復帰すると予想される。

甲府について雑感

公式プレビューで高木監督は甲府への印象をこのように語った。

『甲府は、守備から入って攻撃につなげるチームです。比較的に失点が少なく、守備は安定していますし、攻撃のキーマンはピーター ウタカ選手でしょう。特にカウンターになったときに、ウタカ選手に2列目や3列目の選手がサポートに入って、良い形を作っていると思います。』

甲府の基本的な戦術は、高木監督が言及したように541による守備でボールを奪取し、ドゥドゥ(横谷)×ウタカ×曽根田の強力な3トップを活かしたカウンターだろう。
とりわけ、ショートカウンターはJ2でトップのシュート率とゴール率を誇るため非常に警戒が必要だ。

※フットボールラボより引用


同じようなフォーメーションを採用している大宮と甲府だが、守備のやり方は両チームで異なる。甲府は541のブロックを自陣に形成してから、相手の最終ライン間での横パスや最終ラインへのバックパスをきっかけに2列目の選手が縦方向にプレッシングを開始していく
(※大宮は523の陣形をとりながら前線と中盤は横方向に、最終ラインは縦方向にプレッシングを行う。)

541ブロック形成からの縦方向へのプレッシングを志向していることもあり、ボール喪失後(ネガトラ)はボールの周囲の選手がディレイ(攻撃を遅らせる動き)をしながら他の選手は速やかに自身のポジションへと戻っていくことが多い。

ビルドアップは325あるいはボランチを最終ラインに落とした415を採用する。恐らく、523型の守備を行う大宮に対しては415でビルドアップを行ってくるのではないだろうか。

狙いをもってボールを動かすような形はあまり得意でないように思える一方で、相手のプレッシング隊を自陣に引き込んでからウタカを狙ったロングボールを起点に素早く攻撃を完了する形は脅威になるだろう。
(直近の試合では、ビルドアップからシュートに至ったシーンがあまり見られずカウンターからシュートに至るシーンが多く見られた。)
ボランチと3バックの間のエリアを締めることが出来ずに、ウタカがフリーでプレーできるエリアを与えてしまうとピンチに陥る可能性が高い。プレッシングを実行するにしても注意が必要だ。


大宮が狙うべきエリア

縦プレッシングを実行した後にドゥドゥの帰陣が遅いシーンが見られることから縦プレッシング後は一時的に532のような布陣になることがあり、中盤が3枚になる。このときに素早くボールを左右に動かすことが出来れば、中盤のスライドが間に合わず甲府の最終ラインを曝け出すことが出来る。


また、アンカー役対してDHが対応する約束事になっていることから、出ていったDHの裏は狙いどころになるかもしれない。つまり、甲府の縦プレッシングを利用して甲府の前線を大宮陣内に引き込むことが重要になるだろう。

おわりに

大宮アルディージャとヴァンフォーレ甲府は昔から何かと縁が深いチーム同士だ。古くは盛田浩史やバレーが所属しただけでなく、佐久間さん(GM)や渋谷さん(コーチ)がチームに携わっていたり、大宮をJ1に昇格させた三浦俊也監督が指揮していたこともある。
現在の甲府には大宮ユース出身の新井、前回の昇格に貢献してくれた横谷がいる。大宮の最終ラインを支えている畑尾はプロ入り後最初のチームがヴァンフォーレ甲府だった。
また、現在甲府の指揮を執っている伊藤彰監督は大宮ユースを初のプレミアリーグに昇格させ、大山・小島・奥抜・吉永・小野・高山など、いまの大宮を支える生え抜き選手たちを指導した経験がある。ユース出身者は恩師の前で成長した姿を見せたいと気合の入った一戦となるのではないだろうか。


試合翌日に、甲府のレビュワーであるC3さんと大宮戦術談義会メンバーで試合を振り返る生放送を行います。DAZNで試合を確認してからぜひご覧ください。ご視聴とコメントをお待ちしてます。

この続きをみるには

この続き:0文字

愛媛戦の大敗を払拭できるか(第30節vsヴァンフォーレ甲府戦 プレビュー)

あるちゅー(ちくき)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

あるちゅー(ちくき)

大宮アルディージャについての記事を投稿します。たまにレガネス(スペイン)含めて海外のチームについても。 twitter(https://twitter.com/Soka_ardija0331?s=09
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。