Google アナリティクスのページの価値の計算方法の詳細

私はWeb担当者Forumで10年近く連載を続けている衣袋(いぶくろ)という者で、2017年1月現在では「衣袋教授の新・Googleアナリティクス入門講座」を連載中だ。このnoteでは、私が実施している丸二日のGoogle アナリティクス講座でも話したことがないくらい細かい話題を、有料で提供していく。

今回はGoogle アナリティクスの「ページの価値」という指標がどのように計算されているのか、公式ヘルプにも書かれていない詳細な部分まで解説する。

対象:指標「ページの価値」の計算方法を正確に理解する必要のある中級以上の方

前提とする知識:Google アナリティクスの基本的な知識は分かっていることを前提とする(つまり初心者ではないこと)。また「eコマースの収益」「目標値」「ページ別訪問数」の3つの指標の定義を理解していること


<ページの価値とは>

それでは始めよう。ご承知の通り、Google アナリティクスの「ページの価値」という指標は、[行動]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]レポート(図1)で見ることができる指標だ(図2)。

この「ページの価値」の計算方法は下記のGoogleの公式ヘルプにもあるし、私自身が書いた記事でも簡単な解説がある。「ページの価値」の簡単な概要については、こちらをまず先に読んでおいて頂きたい。

ページの価値の計算方法(アナリティクス ヘルプ)

そのページにはいくらの価値がある? 「ページの価値」を活用して改善点を見つけよう(Web担当者Forum)

それらには、「ページの価値」の計算式を次のように記述している。

各ページの「ページの価値」=該当ページを経由したセッションの合計目標値(eコマースの収益+すべての目標値の合計)÷該当ページのページ別訪問数

「eコマースの収益」「目標値」「ページ別訪問数」の3つの定義を理解している人であれば、なるほどそうなのか、と思うだろうが、あなたは次の質問に対する答えを何の迷いもなく100%確信を持って答えられるだろうか。

質問.下記の1セッション(5ページビュー)しかなかった集計において、ページA, ページB, ページC, ページDそれぞれのページの価値を答えよ。なお「目標1」の設定はページBの閲覧に対して1,000円の目標値を設定しているだけだとする。
ページA ⇒ ページB ⇒ ページC ⇒ ページB ⇒ ページD

答えが迷いなく言える方は、「ページの価値」の集計仕様について100%理解しているだろうから、これ以上読み進める必要はない。しかし少しでも「えーと」と思う方で、お客さんにGoogle アナリティクスの指導を行っているような方であれば、読み進めて正しく理解して頂くのがよいだろう。


<公式ヘルプにある例と、その説明で足りない部分>

冒頭に紹介した「ページの価値の計算方法(アナリティクス ヘルプ)」に掲載されている図を下記に引用させてもらおう(図3)。

なおこの図内の英語の「unique pageview」とは、日本語の「ページ別訪問数」と読み替えて欲しい。このケースでは、目標完了ページであるゴールページDの目標値が$10で、トランザクションであるeコマースの売上計上ページEの収益(売上高)が$100という想定だ。

この二つのセッションによる合計目標値(eコマースの収益+すべての目標値の合計)は、ページDが2ページでページEが1ページなので、それらの金額を合計した$120($10×2+$100)になる。一方、この2セッションにおけるページA, B, Cのページ別訪問数はどれもすべて2だ。よって、ページA, B, Cそれぞれのページの価値はいずれも$120÷2=$60ということになる。

この例ではそれでよいだろう。しかし普通のサイト閲覧行動でこんなにきれいな行動をするだろうか。コンバージョン(目標完了)やトランザクション(購入)後にもページ閲覧したりしないものだろうか。前述の質問のように、目標完了ページを2回閲覧することは少ないかもしれないが、コンバージョン後にさまざまなページを見るのは普通にあることだろう。

これらのコンバージョン後のページ閲覧に関しては、ページ閲覧によるコンバージョン効果はないはずだから「ページの価値」算出に含めてはいけないように思えるが、その切り分けをするためには、セッション内のコンバージョン前後のページ閲覧を分けて、その前後のページで計算を分けるなどという七面倒くさい計算をしなければいけないが、果たしてGoogle アナリティクスがそんなことをやっているだろうか?

突き詰めてこの指標の意味あいや解釈を考えていくと、こういうケースでは一体どのように集計しているのだろうという疑問がふつふつと湧いてこないだろうか。そういう疑問に答えられる検証をいろいろやってみて、一つずつその疑問を潰したということだ。


<ある例の各ページのページの価値の計算方法>

さまざまな検証を行ったが、細々とした一つ一つの内容を列挙しても仕方がないので、重要な要素を盛り込んだ例をまず紹介しよう。質問した例と似た例で説明しよう。太字のページBが目標1の目標完了ページだとする。

この続きをみるには

この続き:2,338文字/画像2枚

Google アナリティクスのページの価値の計算方法の詳細

衣袋 宏美

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

衣袋 宏美

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。