Google アナリティクスでページ別のページビュー数貢献度指標を集計する方法

私は10年間(2008/2~2017/12)ほぼ毎週Web担当者Forumで連載を続けた衣袋(いぶくろ)という者で、Google アナリティクスの設計や設定、分析と教育の専門家だ。このnoteでは、私が定期開催している丸二日のGoogle アナリティクス講座でも話したことがないくらい細かい話題を、有料で提供している。

タイトル「ページ別のページビュー数貢献度指標を集計する方法」は、少々伝わりにくい表現になっているが、もう少しかみ砕いて言うと、あるページのページ閲覧が、同じセッション内のその後のページビュー数にどれだけ寄与したのかをスコア化した「ページビュー数貢献度指標」を、トラッキングコードのカスタマイズを行わずに設定だけで集計できるようにする方法ということだ。

特定のコンバージョンに寄与したページ閲覧寄与度を見る指標といったものではない。それをスコア化したものの一つには「ページの価値」があるが、特にコンバージョンを意識せず、単純に次のページ移動に影響を与えた可能性が高いか低いかをページ別にフラットで見る指標が「ページビュー数貢献度指標」だ。

つまり同セッション内のページビューにだけ関係した話なので、典型的な利用用途としては、ブログやニュースサイトなど、主にコンテンツ閲覧自体を主目的にしたメディアサイトなどで、どのページが次のページ閲覧の後押しに役立っているのかに関心のある場合ということになるだろう。

それならば、セッション(訪問)単位で考えれば、「ランディング ページ」レポートのランディング ページ別の「ページ/セッション」指標でよいじゃないかと思うかもしれないが、その評価はランディング ページにだけ紐付くので意味合いは異なってくる。本稿の「ページ別のページビュー数貢献度指標」は、セッション途中の個々のページ閲覧についても、その後のページビュー数への貢献を逐一考慮しているというのが相違点だ。

このアイデアを考えたきっかけは、アドビ システムズの安西 敬介 氏のセミナー(私が企画したものだが)のコンテンツの貢献度分析についての話を聞いて、これと似たような集計をGoogle アナリティクスでできないものだろうかと考えて思いついたものだ。

本記事の主な対象者:メディアサイトなどでコンテンツの企画を担当している編集者やマーケター、コンテンツ分析担当者など。

前提とする知識:ページビューやセッションといった、ごく基本的な用語の意味がわかっていること。目標の意味や設定方法、「ページの価値」指標についての理解が必要。

前提とする実装や設定:トラッキングコードに関しては一般的なページビュー計測をしていれば、それだけで問題ないので特別なカスタマイズは不要。但し本設定用に1つ専用のビューを独立して作成できることを強く推奨する。

本記事の対象外:この指標を使ってどのようにコンテンツの企画などに役立てるかについての分析方法やアイデア、具体的な事例に興味を持っている方にはあまり役に立たない。それら活用の前提としての「ページ別のページビュー数貢献度指標を集計する」ための設定方法とそのロジックについて書いてあるだけだからだ。

本記事の注意事項:ヘビーユーザーがページビュー数の10%以上を占めるようなサイトでの精度は低くなることを承知しておいてほしい(中規模以上のeコマースサイトなどで想定される)。

例えば下記図1はeコマースサイトのデータだが、1セッションあたりのページビュー数が20以上のセッションにおけるページビュー比率は2割を超えている(図1の最下行の黒枠内を参照のこと)。こういうヘビーユーザー比率の高いサイトでのデータの精度は残念ながら落ちる(「ページビュー数貢献度指標」が実際より低めに出る)仕組みなので、予め注意喚起しておく。

なぜ数値が実際より低めに出るのかの理由については、記事内の「必要な準備」や「算出ロジック」の中で解説している。

目次:
1.実現したいこと
2.必要な準備
3.指標の確認方法
4.算出ロジック
5.コンテンツグループの場合
6.よくある質問


<実現したいこと>

まず、同じセッション内で、例えばページA閲覧の後に生じたページビュー数を、ページAの「ページビュー数貢献度指標」と呼ぶことにする。サイト内のすべてのページについて、各ページ別にこの「ページビュー数貢献度指標」の集計対象期間における平均値を算出し、標準のレポートの中で確認できるようにするのが、実現したいことだ。

しかも、トラッキングコードのカスタマイズなども施さずに、ビューの設定だけで今日設定すれば、今日のデータを明日から確認できるくらいの簡単さで実現させたい。

一応具体例でも示しておこう。集計対象が次のような2セッション、5ページビューの場合で説明しよう。

例)下記2セッションのページ閲覧行動が以下だったとする
セッションX:ページA ⇒ ページB ⇒ ページC
セッションY:ページB ⇒ ページA

ステップ1:「ページビュー数貢献度指標」はセッションごとに各ページに付与される数字なので、各セッション別に分けて各ページに「ページビュー数貢献度指標」を付与していく

セッションXにおける、各ページの「ページビュー数貢献度指標」は以下の通り。
ページA:2(ページBとページCの2ページビューの閲覧を誘導したので)
ページB:1(ページCの1ページビューの閲覧を誘導したので)
ページC:0(次のページ閲覧を誘導しなかったので)

続いてセッションYにおける、各ページの「ページビュー数貢献度指標」は以下の通り。
ページB:1(ページAの1ページビューの閲覧を誘導したので)
ページA:0(次のページ閲覧を誘導しなかったので)

元のページ閲覧行動図の各ページにそのページの「ページビュー数貢献度指標」を加えると、下記のようになる。離脱ページにはゼロ、その前のページには1といった具合に、ページ閲覧の逆順に数字が加算されていくようなイメージになる。
セッションX:ページA(2) ⇒ ページB(1) ⇒ ページC(0)
セッションY:ページB(1) ⇒ ページA(0)

ステップ2:ページごとに「ページビュー数貢献度指標」の合算値を計算する
ページA:2+0=2(セッションXにおける「ページビュー数貢献度指標」とセッションYのそれの合計)
ページB:1+1=2(同上)
ページC:0+0=0(同上)

ステップ3:ページごとに1ページビューあたりの「ページビュー数貢献度指標」を算出する
ページA: 2(ステップ2のページAでの合算値)÷2(ページAの合計ページビュー数)=1
ページB: 2(ステップ2のページBでの合算値)÷2(ページBの合計ページビュー数)=1
ページC: 0(ステップ2のページCでの合算値)÷1(ページCの合計ページビュー数)=0

この結果、ページAの1ページビューは平均して、別のページの1ページビュー閲覧に貢献している、などということができる訳だ。上記のケースのページCは次のページ閲覧に一切貢献していないので、ゼロということになる。


<必要な準備>

「前提とする実装や設定」の項目で述べたように、可能な限り本設定用に1つ専用のビューを独立して作成して頂きたい。

この続きをみるには

この続き:5,539文字/画像7枚

Google アナリティクスでページ別のページビュー数貢献度指標を集計する方法

衣袋 宏美

3,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

衣袋 宏美

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。